暮らしに役立つ ガス&エネルギー
TOP 暮らしとLPガス さまざまなエネルギー 役立つ産業ガス 環境とガス&エネルギー 企業サイトTOP
役立つ産業ガス
こんなところにもガスが
環境とガスのいい関係
 
こんなところにもガスが
「明かり」とガス
「明かり」とガス
食品製造に使われるガス
さまざまな産業で活かされるガス
 
■気体⇔液体、変幻自在。ポータブルでハイカロリー
ガスと日本人との長いつきあいは明治時代のガス灯に始まりました

19世紀半ば、欧米の主な都市ではガス灯の明かりが外路を明るく照らしていました。日本では、1872年(明治5年)に神奈川県庁前に初めてガス灯がともりました。明治維新とともに、文明開化の象徴の一つとなったのです。それまでのちょうちんを持たないと夜は歩けなかった街に灯った眩いばかりの明るさに、大勢の見物人が集まったといいます。


その後、発光剤を吸収させた網袋をガスの炎にかぶせる「ガスマントル」の考案で明るさが5倍にもなったガス灯は、東京、横浜、大阪、神戸といった大都市に導入され、街灯としてだけでなく、学校や会社、家庭用の照明として広く普及しました。とりわけ、明治30〜40年代の東京市(当時)の中心地であった日本橋、京橋などでは、明かりの主力はガス灯でした。やがて大正期以後、タングステン電極と電線の普及により、ガス灯は電灯の明るさへと変わっていきました。

しかし最近になり、ガス灯のもつやわらかな明るさが再び見直され、都市の景観づくりの一環として街灯や門灯などの利用に広がりをみせています。しかし、昔のガス灯の主な燃料となっていた石炭ガスに変わって、現代のガス灯にはLPガスや都市ガスが使われています。やわらかな光とクリーンなガスのベストミックスによって暖かい雰囲気を醸しだしているのです。

■ガスなくして電灯はともらない
電球や蛍光灯に、より明るくより長持ちさせるためにガスが入っていることを知っていますか?

電灯では、白熱電球やハロゲンランプ、蛍光灯の放電管まで、すべてにおいてガスが利用されているといっても差しつかえありません。使われているガスは、アルゴン、窒素、クリプトン、キセノン、ネオンといった不活性ガスです。このうち、クリプトン、キセノン、ネオンは空気中に微量しか含まれていないことから、レアガス(Rare Gas)と呼ばれています。

しかし、なぜ電灯にガスが必要なのでしょうか。簡単にいえば、発光体であるタングステンフィラメントを長持ちさせ、明るさを増すために使われています。白熱電球系(ハロゲンランプも含む)と、放電管系(蛍光灯、ストロボなど)では若干意味あいが違いますが、基本的には同じなのです。

白熱電球系では、タングステンフィラメントが高温で発光しつづけると少しずつ蒸発しますが、不活性ガスはこれをできるだけ抑える役割を果たします。加えてタングステンに電流を流すと2000℃程度に上昇しますが、この温度を落とさないためにも、熱を伝えにくい不活性ガスを封入する必要があるのです。

蛍光灯やストロボ、ネオンサイン、水銀灯などはいずれも二つの電極の間に起こる放電現象を利用して光をつくるものですが、これらの放電管系の明かりでも電極を高温に保つために、ガスが不可欠です。つまり、ガスなくしては電灯もともらない、ということです。
■発光ダイオードにもガスは不可欠
テープレコーダーから宇宙分野まで、さまざまな場面でガスの光は活躍しています

今や、エコな「明かり」として、身近な存在になった発光ダイオード(LED:Light Emitting Diode)。
最近は薄型テレビの光源としても採用がはじまり、私たちのエコライフに貢献しています。発光ダイオードは名前のとおり、電流を流すと光を発する素子です。ガスによって光るわけではありませんが、製造にあたってさまざまな特殊ガス材料を使いますから、やはりガスなくしてはともらない「明かり」といえるでしょう。

また、宇宙分野に目を向けると、人工衛星用キセノンランプへの利用があります。宇宙空間と同じ条件(高真空・太陽光など)を備えた“スペースチャンバー”と呼ばれる大型実験装置内に人工衛星を設置し、宇宙で受ける影響などについて各種予測実験を行うものですが、ここでは太陽のかわりに、大量のキセノンランプが使用されています。これはその光が太陽光に最も近いためです。
ページの先頭
個人情報保護について ご利用規約 サイトマップ お問い合わせ