暮らしに役立つ ガス&エネルギー
TOP 暮らしとLPガス さまざまなエネルギー 役立つ産業ガス 環境とガス&エネルギー 企業サイトTOP
暮らしとLPガス
全国どこでもLPガスのある暮らし
LPガスの安心と防災
あったか省エネ快適生活
機器編
困ったときのLPガス便利帳
 
機器編
より安心に、より便利に、進化した
「ガスコンロ」

より安心に、より便利に、進化した
「ガスコンロ」
ガスコンロのお手入れ術
 
2008年4月以降にガスコンロメーカーが製造・販売する家庭用ガスコンロのバーナーに「調理油加熱防止装置」と「立ち消え安全装置」が搭載されました(業務用・卓上タイプの1口コンロ、移動可能なものを除く)。
これによりコンロはますます安心、便利に進化し、これらの機能を搭載したコンロを「Siセンサーコンロ」と名づけ、「Siセンサー」シールが貼付されています。
■調理油加熱防止装置とは…
鍋底の温度を測り、調理油の発火を防ぎます。
(全バーナーに搭載)

■立ち消え安全装置とは…
不意に火が消えた場合に、同時にガスも止めます。
(全バーナーに搭載)

さらにこんなSiセンサーコンロは、こんな便利な機能も

■コンロ・グリル 消し忘れ消火機能
火を消し忘れても、一定の時間を過ぎると火を消してくれます。
(全バーナー・グリル部に搭載)
だから……
●どのバーナーで調理しても、「揚げ物のついうっかり!ひやり!」をしっかりフォローします。
油の温度が約370℃になると油自体から自然発火します。『調理油過熱防止装置』は油が発火する温度になる手前の250℃以上になると鍋底に接している「安心センサー」で温度を感知して自動消火します。

●どのバーナーで調理しても、火が消えたときには、必ずガスもストップします。
「吹きこぼれ」や「トロ火にしていたらいつの間にか火が消えていた」、「火がなかなかつかない」といったケースで『ガスが漏れているのでは?』と心配される方が多いのですが、立ち消え安全装置が働き、ガスが止まるので安心。

●どのバーナーで調理していても、煮物などの火の消し忘れの心配を対処します。
揚げ物だけでなく、炒め物、鍋の空焼きなどを行った際にも、鍋底の温度が約250℃以上になると自動消火します。
※250℃以上の高温料理で調理したい時は、「センサー解除」ボタンを長押しすれば、センサーが働く温度を300℃に変更できます。
さらに、一歩すすんだ便利機能を使うとお料理の腕もアップ!?そしてより安心、便利に。
(機能の有無は機種によって異なります)

●油温度の調節が難しい揚げ物を、自動でコントロール、誰でもからっと揚げ物上手に。

●「沸騰したら自動で消火」機能にセットすれば、消し忘れの心配なし。

●消火時間をタイマーで設定。パスタの茹で時間や、圧力鍋メニューの時間設定等、メニューに合わせてタイマーを設定すれば、自動で消火。(バーナー・グリル)

●ガスで炊くふっくらおいしいご飯も簡単に。最適な火加減を自動でコントロール、消火してくれます。
ページの先頭
個人情報保護について ご利用規約 サイトマップ お問い合わせ