暮らしに役立つ ガス&エネルギー
TOP 暮らしとLPガス さまざまなエネルギー 役立つ産業ガス 環境とガス&エネルギー 企業サイトTOP
暮らしとLPガス
全国どこでもLPガスのある暮らし
LPガスの安心と防災
あったか省エネ快適生活
機器編
困ったときのLPガス便利帳
 
家庭用LPガス設備と安全器具
LPガス販売店はお客さまのパートナー
ガス臭、ガス漏れ警報器が作動したら
ガスが出ないときは
ご注意!警報器の設置場所
LPガスは全国同一規格
LPガスってどんなエネルギー?
災害時に備えて
困ったときのLPガス便利帳
LPガスってどんなエネルギー?
容器の中に入っているLPガスが、液体だということをご存じでしたか? LPガスとはLiquefied Petroleum Gas、つまり液化石油ガスの略称です。炭素と水素の化合物で、炭素数3のプロパン(C3H8)と炭素数4のブタン(C4H10)があり、家庭用では主にプロパンが使われています。LPガスの特長は、持ち運び自在でハイカロリー、しかもクリーンなエネルギーであることです。
■気体⇔液体、変幻自在。ポータブルでハイカロリー
プロパンの場合、常温なら8気圧程度の圧力で、また大気圧(1気圧)なら-42℃で簡単に液化します。液体になると体積が250分の1となるため、大量のエネルギーを小さな容器に詰めてどこにでも運ぶことができます。都市ガスよりハイカロリー、しかも大規模な地下導管網を必要とせず、海上でも山頂でも場所を選ばず使える便利なエネルギーです。
■人と地球にやさしいクリーンエネルギー
酸性雨の原因となるSOx(硫黄酸化物)の排出はほとんどなく、地球温暖化の原因となるCO2(二酸化炭素)の排出量も少ないクリーンエネルギーです。

右のグラフは、各種一次エネルギーをLCA=ライフサイクルアセスメントの観点から評価したもの。LCAは、ひとつの製品の生産から消費までの全過程で生じる環境負荷を評価する手法で、ここでは各一次エネルギーの地球温暖化への影響度を、燃焼熱量(真発熱量)あたりの炭素(C)量で表しています。LPガスは都市ガスやLNGより消費時点での環境負荷は多少大きいですが、生産から消費の全過程で見るとこれらのガスと同等に環境負荷が小さいことがわかります。
「地球温暖化に関するエネルギーの環境負荷」
(ライフサイクルアセスメント)
地球温暖化に関するエネルギーの環境負荷(LCA)
出典:地球環境産業技術研究機構レポート
ページの先頭
個人情報保護について ご利用規約 サイトマップ お問い合わせ