イワタニ
 
水素とイワタニ ~H2エンサイクロペディア~
水素 is Clean Energy 水素と燃料電池 水素と自動車 水素マーケット イワタニと水素技術
イワタニと水素ロード FAQ リンク集 サイトマップ
エネルギーが変わる、水素が変える
Topics
 『世の中に必要なものこそ栄える』。イワタニの企業理念の一節です。
  では、世の中に必要な“エネルギー”の究極とは、何なのでしょう。1953年(昭和28年)、当時薪や炭を使い、ススに悩まされていた主婦の台所の労苦を軽減したいと、全国に向けて家庭用LPガスを販売開始した当社は、その5年後の1958年(昭和33年)には既に水素ガス製造を目的に関係会社を設立しています。イワタニはクリーンエネルギー・LPガスの先に、究極のエネルギーを「水素」に見て、ずっと考え続けています。

  水素は、常温では無色・無味・無臭の気体で、拡散性・還元性に優れ、ガスの中で最も軽く、小さな元素。これらの性質を活かして、産業の世界では、エレクトロニクス・化学・発電・油脂・金属・硝子・食品など広範な分野に使用され、社会に大変役立っています。エネルギーとしても、質量当たりのエネルギー密度は、ガソリンの3倍と、石油や液化天然ガス(LNG)に比べて非常に大きいため、宇宙ロケットや航空機用燃料で積極的な利用と研究がなされています。近年注目を集める燃料電池車や、家庭用燃料電池でも水素は不可欠。特に自動車分野では、燃料電池車や水素エンジン自動車が実用段階に入ってきていますが、これらが普及していくには、製造・輸送・貯蔵・供給といった水素インフラ関連技術やハンドリングに関する保安技術がキーとなってくると言っても過言ではないでしょう。地球環境や資源、国際関係、さまざまな要素が今「水素」をエネルギー社会という舞台の中央に押し出そうとしています。それは、多くの人が「水素」に現在のエネルギーシステムを根本から変える潜在力を感じているからにほかなりません。

  ガスとしての有用性と、エネルギーとしての可能性の両方をもち合わせた大変興味つきない物質、それが「水素」だと考えます。このページをフロントとした当サイトでは、そんな水素ワールドを、当社の取り組みとともにご紹介してまいります。