岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
ホームCSR>コーポレート・ガバナンス
環境・社会活動
TOP
環境への取り組み
社会への取り組み
社員と共に
コーポレート・ガバナンス
環境・社会報告書
 
 
コーポレート・ガバナンス

経営の健全性を確保するとともに、企業としての社会的責任を果たすため、コーポレート・ガバナンスの体制を整え、従業員一人ひとりの意識を高めています。

 
基本的な考え方

当社は「世の中に必要な人間となれ、世の中に必要なものこそ栄える」を企業理念としています。こうした考えに基づき、下記5点を基本方針として掲げ、経営の健全性、透明性、効率性を高め、コーポレート・ガバナンス体制の構築に努めます。

<基本方針>

  1. 株主の権利を適切に行使できる環境の整備を行い、株主の平等性の確保に努めます。
  2. 従業員、顧客、取引先、債権者、地域社会などのステークホルダーの権利・立場を尊重し、適切な協働に努めます。
  3. 法令に基づいた開示を適切に行います。また、透明性の確保の為、法令に基づく開示以外の情報提供にも努めます。
  4. 公正かつ透明性が高く、機動的な意思決定を行い、取締役会の役割・責務の適切な遂行に努めます。
  5. 持続的な成長と企業価値の向上のため、株主との建設的な対話に努めます。
 
業務執行・監督体制

取締役会
当社の業務意思決定及び監督機関である取締役会は取締役17名(内2名は社外取締役)で構成しており、取締役会が充分かつ活発な議論の上に的確かつ迅速な意思決定及び監督を行うとともに、特に社外取締役は経営陣から独立した立場で、企業統治に関する豊富な経験と高い知見から、意思決定の透明性及び監督の実効性の強化・向上を図り、取締役会の機能を高めております。

経営会議
当社は常務以上の取締役で構成する経営会議を毎月2回開催し、取締役会に付議する事項や業務執行上の重要事項の審議に加えて、情報の共有化と意思疎通を図っております。

執行役員制度
当社は意思決定の迅速化と権限の委譲を進めるために、執行役員制度を導入し、取締役会の活性化を図っております。

 
監査体制

当社は監査役会設置会社であり、監査役会は4名の監査役(内2名は社外監査役)で構成しており、常勤監査役は全ての取締役会・経営会議に出席し、社外監査役も取締役会に出席するなど、取締役の職務執行を充分に監視できる体制にしております。また監査役の選任については、財務・会計、法律に関する専門性や当社事業に関する知識・経験等を重視するとともに、特に社外監査役は金融商品取引所の定める独立役員に関する要件を充足することで、より多角的な視点に基づいた監査体制を確立しています。内部監査については、社長直轄の組織として「監査部」を設置し、監査役と密接な関係・連携を持って必要な内部監査を定期的に実施し、会社の事業活動が適正かつ効率的に行われているかどうかを監査しております。

 
リスク管理体制

当社グループでは企業全体のリスクを統合的に管理するため、「危機管理委員会」を社長直轄の組織として設置しています。当委員会の傘下に8つの個別委員会を設け、顕在ないし潜在する企業危機への総合的な対応を行っています。さらに、企業不祥事の発生阻止に向けては平成10年に「イワタニ企業倫理綱領」を制定しており、「グループの経営者、従業員が経営理念や倫理観・価値観を共有し、あらゆる事業活動の局面において遵守すべき規範」として、社内・グループ会社で周知徹底を図っています。

 
コーポレートガバナンスの体制
 
コーポレート・ガバナンスについての詳細につきましては、下記をご参照ください。
矢印コーポレート・ガバナンス報告書(PDF : 4.3MB)
 
グラフ