岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
TOP環境のために気候変動・公害汚染等生物多様性環境マネジメントシステム調達・物流への取り組み環境データ事業活動を通じた環境への取り組み社会のために文化・芸術・スポーツ振興技術振興活動地域社会への取り組み人権消費者保護への取り組み災害への対応事業活動を通じた社会への取り組み社員とともに労働安全衛生人事制度人材育成ダイバーシティ推進労使関係コーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス体制リスクマネジメント・コンプライアンスコーポレート・ガバナンス報告書コーポレートレポート


当社は、多様な社員の能力や感性を最大限引き出すダイバーシティ経営を行うことにより、常に「世の中の必要」に応え続けることが出来ると考えており、ダイバーシティ推進に向けて諸施策を講じています。
2017年度からダイバーシティ担当を設置し、女性活躍推進をはじめとした多様な人材の活躍支援を行っています。

女性活躍推進

当社では、女性活躍推進の取り組みを強化しています。2021年4月1日時点の女性管理職比率は6.3%であり、今後も継続的に女性管理職比率を高めていくため、さまざまな取り組みを行っています。
また、2016年に施行された女性活躍推進法に基づき一般事業主行動計画を定めており、女性の個性と能力が充分に発揮できる職場づくりへの取り組みを進めています。


<社外ネットワークの形成と情報共有>
社内の取り組みに留まらず、「ダイバーシティ西日本勉強会」や「異業種ダイバーシティ検討会」などへ参加し、企業の枠組を超えたネットワーク作りを積極的に行っています。勉強会で得た知見を社内での推進活動に活かすほか、異業種合同で行う「若手女性キャリアフォーラム」や「ベストな共働きを考えるフォーラム」など、実践的な活動も行っています。


異業種合同若手女性キャリアフォーラム

ベストな共働きを考えるフォーラム


<キャリア継続支援の取り組み>
さまざまなライフイベントを経てもキャリアを継続するために、配偶者の転居を伴う転勤(国内・海外問わず)に帯同するために退職する場合、再雇用登録を行い、一定の要件にて復職することが可能な「配偶者の転勤に伴う退職者の再雇用制度」を整備しています。

ダイバーシティ推進への取り組みに関する行動計画

女性活躍推進法・次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画は以下の通りです。
▶女性活躍推進法・次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画

<女性活躍推進法に基づく行動計画>
<次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画>

出産・育児・介護への取り組み

社員が仕事と家庭を両立できる環境整備を進めています。育児関連では、法定期間以上の育児休業制度に加え、早期復職支援手当、育児サービス補助などサポート体制を充実させ、厚生労働省より「子育てサポート企業」の認定を受けています。介護関連では、介護休業取得可能期間を法定の倍にするなど、両立支援に力を入れています。

<出産・育児・介護に関する制度一覧>
出産・育児・介護制度を整備すると同時に、全社員に向けて制度の周知を行い、性別や世代を問わず誰もが制度を利用しやすい環境づくりを進めています。

出産・育児関連





介護関連




社外からの評価

<子育てサポート企業の証 「くるみんマーク」の取得>
「くるみん認定」とは、次世代育成支援対策推進法に基づいて、子育て支援のための行動計画を策定・実施した企業のうち、一定の基準を満たした場合に「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣より認定を受けることができるものです。
当社では、この認定を受けた企業の証である「くるみんマーク」を2015年、2019年の2度取得しております。

<「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」の認証取得>
「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」認証とは、「意欲のある女性が活躍し続けられる組織づくり」「仕事と生活の両立支援」 「男性の育児や家事、地域活動への参画支援」など、女性にとって働きやすい職場環境の整備に積極的に取り組み、その実績が認められた企業に対し、大阪市より与えられる認証です。
当社は2021年に、本認証の最高位である二つ星を取得しております。加えて、男性の育児参加等を支援する企業である「イクメン推進企業」にも認証されております。

風土醸成

社内研修においてダイバーシティに関する講義を実施し、新入社員から管理職まで理解を深めています。特に管理職向けの研修ではディスカッションも行い、多様な部下をマネジメントする管理職層の意識醸成を図っています。また、「働きやすい環境」や「家族を大切にする職場風土」の醸成を目的として、社員の配偶者と子女を対象とした「ファミリーデー」を2017年より定期的に開催しています。当イベントは、社員同士がお互いに大切な家族がいることを意識して職場でも尊重し合い、家族を大切にしながら働くという職場風土の醸成につながっています。

新任管理職研修の様子

ファミリーデーでの名刺交換体験の様子



当社は「労使の信頼関係なくして企業の発展はありえず、社員の生活向上と企業の発展は表裏一体の関係にある」との認識に立ち、良好な労使関係の構築に努めています。1988年には、岩谷産業労働組合との間で「労使共同宣言」を締結し、「信頼関係と相互理解の維持により企業の永続的な発展と社員の豊かさを追求する」ことを謳いました。労使の協議機関としては労使協議会・労使連絡会議があり、労使の懸案事項や働きやすい職場環境の整備などについて協議しています。

労使共同宣言30周年