岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
TOP環境のために気候変動・公害汚染等生物多様性環境マネジメントシステム調達・物流への取り組み環境データ事業活動を通じた環境への取り組み社会のために文化・芸術・スポーツ振興技術振興活動地域社会への取り組み人権消費者保護への取り組み災害への対応事業活動を通じた社会への取り組み社員とともに労働安全衛生人事制度人材育成ダイバーシティ推進労使関係コーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス体制リスクマネジメント・コンプライアンスコーポレート・ガバナンス報告書コーポレートレポート



途絶えることが許されないエネルギー。当社はLPガスのトップサプライヤーとして、安定供給体制の強化や災害対策の普及に努め、地域の安心・安全に貢献しています。また、LPガス事業で培った技術やネットワークを、災害への備えや超高齢社会のサービス開発など、地域のよりよい未来のために役立てる活動に取り組んでいます。

全国で暮らしを支える「MaruiGas」

LPガスは、環境にやさしく可搬性に優れたエネルギーです。その特性を生かし、変化に富んだ日本全土の約95%をカバーし、全国で約半数の世帯の暮らしを支えています。また、業務用、工業用、自動車用など幅広く利用され、地域の重要なエネルギーインフラとしての役割を担っています。
当社はLPガスのトップブランド「MaruiGas」を、北海道から沖縄まで全国約320万世帯のご家庭へ、また、さまざまな用途へ向けてお届けしています。当社は、汎用性があり、環境負荷低減にも貢献するLPガスの安定供給と利用拡大を、さらに進めていきます。



安定供給の要「LPG基幹センター」

地震などの災害時にもLPガスの供給を維持するためには、大量貯蔵や個別容器への充填・出荷を行うLPガス充填所が安定して稼働していることが不可欠です。当社は、LPG充填所の耐震性を高めた「LPG基幹センター」を整備することで、 LPGの安定供給体制をより強固なものにしています。
「LPG基幹センター」は、LPG貯槽や充填設備の耐震性の強化を図るとともに、停電時の設備稼働を可能にするLPガス非常用発電機やオートガスディスペンサーを備えています。また、LPG基幹センターとユーザーを結ぶLPガスの配送車については、LPガス自動車の比率を高めることで、災害時のガソリン不足に影響されない体制を整えています。
当社は、全国に99カ所のLPガス充填所、53カ所のLPG基幹センターを有しています。




災害に強い「LPG基幹センター」

LPガス災害バルク

LPガス非常用発電機

LPガスによる災害対策を推進

大規模災害が引き起こす電気・ガスなどライフラインの途絶。そのリスクに備える有効な対策として、当社は導管を必要としないLPガスを活用したエネルギーシステムや設備を、全国の自治体、病院、介護施設、学校、企業など多方面に向けて提案しています。LPガスで発電する「コージェネレーションシステム」は、停電対策や電圧低下回避に役立つ安定電源。「GHP(ガスヒートポンプエアコン)」は、停電時にも使用できるLPガスで動くエアコンです。また、当社が独自に提案する「イワタニ災害エネルギーシステム」は、 LPガス災害バルク、LPガス非常用発電機、リンナイ(株)と共同開発した移動式大型調理セット「デリバリーステーション」、さらにガスストーブをセットにしたもので、電気や都市ガスが使用できない状況下でも調理や給湯、暖房などを可能にします。
近年頻発する台風や豪雨などの自然災害。災害に強いLPガスを活用した設備・システムは、いち早い生活再建や地域社会の復旧に貢献し、企業のBCP(事業継続計画)対策の要としても導入が進んでいます。


イワタニ災害エネルギーシステム

「サウジアラムコ基金」による被災地支援

当社とサウジアラビア国営石油会社サウジアラムコ社は、大規模な自然災害の被災地に、緊急支援物資としてカセットこんろ・カセットボンベを無償提供する「サウジアラムコ-岩谷産業 緊急災害時LPガス支援基金」を2009年に設立しています。当基金は「令和元年台風第19号」および熊本県を中心に甚大な被害をもたらした「令和2年7月豪雨」においても発動され、当社は被災地の自治体の依頼に応えて、カセットこんろ・カセットボンベ、さらに飲料水として「富士の湧水」を届けました。


令和2年7月豪雨の被災地へ救援物資を提供


防災備蓄にも役立つ「カセットこんろ・カセットボンベ」「富士の湧水」

災害に備えて、3日分以上の食糧、飲料水、生活物資、さらにはカセットこんろ・カセットボンベの家庭備蓄が奨励されています。当社はカセットこんろ・カセットボンベのトップメーカーとして、また、天然水「富士の湧水」のサプライヤーとして、防災備蓄の普及に取り組んでいます。2020年には、内蔵のコックをひねるだけで使用でき、縦積みもできる「『富士の湧水』常備水“Jパック”」を発売しました。カセットボンベや天然水の備蓄に際しては、定期的に消費し、その分だけ補充する「ローリングストック法」を推奨しています。


風防がついた風に強いカセットこんろ「カセットフー 風まる II」


イワタニカセットガス


「富士の湧水」常備水“Jパック”

場所をとらない備蓄が可能に


地域の安全を見守る「あなたの街のサポート隊」

全国に広がるMaruiGas特約店は、それぞれの営業・配送ネットワークを活かし、地域の安全・安心を見守り、サポートする「こども110番の店」「動くこども110番」「一声呼びかけ運動」の総称として「あなたの街のサポート隊」活動を実施しています。LPガスの配送など日常業務を行いながら迷子の保護や通報、挨拶や声掛けなどを行うことで地域の安全に貢献します。




ガスの安全を守る保安技術・ノウハウ

当社は、MaruiGasが蓄積した保安技術・ノウハウを基に、独自の保安統一スタンダード(ISS:Iwatani Safety Spec)を構築し、LPガス保安業務のレベル向上に生かしています。信頼の保安サービスは、当社が関西電力(株)と共同で設立した「関電ガスサポート(株)」にも生かされ、都市ガスの安心・安全を支えています。



24時間集中監視システム「テレセーフ」

「テレセーフ」は、お客様宅のガスメーターと集中監視センター「イワタニコールセンター」を通信回線で結び、ガスの安全を24時間365日リアルタイムで見守ります。ガス漏れなどの異常を感知するとガスを自動的に遮断、イワタニコールセンターへ自動通報し、スタッフが迅速に対応。ガス切れ防止にも役立ち、自動検針も実現します。また、検知したガスの異常や長時間にわたるガスの未使用を携帯電話にメール通報する「マッピーセーフ」など、新たなサービスも展開しています。



IoTプラットフォーム「イワタニゲートウェイ」が本格始動

当社は、独自のIoTプラットフォーム「イワタニゲートウェイ」を軸とする新サービスの事業化に取り組んでいます。LPガス顧客宅に設置した通信機能付きガス漏れ警報器にLPガスメーターを接続し、ガス切れ防止やLPガス配送の効率化を図る取り組みもそのひとつ。さらに電気や水道メーターとも接続し、使用状況などを把握することで、自治体と連携のもと、高齢者の見守りや健康管理を行うサービスの提供を目指しています。
これら新サービスは、緊急時、30分以内に現場に駆け付けられるLPガス全国ネットワークを有する当社ならではの取り組み。その強みを活かし、警備保障会社と業務提携に向けて取り組んでいます。警備保障会社が提供する警備ネットワークや介護サービスとの連携により、暮らしの安心・安全をさらに高めるサービスの実現に力を入れていきます。
新サービスの事業化検証も進めています。2020年2月、京都府京丹後市と協定を結び、市内のLPガス顧客宅に設置した通信機能付きガス漏れ警報器に、電気・ガス・水道メーターを接続する実証試験がスタート。2020年7月には島根県大田市と協定を締結。通信機能付きガス漏れ警報器を活用した事業化検証が始まり、高齢化や過疎化など地域が抱える様々な課題解決に期待が寄せられています。


IoTプラットフォーム「イワタニゲートウェイ」による新サービス



ヘリウムの安定供給

先端技術や医療に欠かせないヘリウムは、世界の限られた国のみで産出する希少な天然資源です。当社は、直輸入権益を持つカタールおよび米国の2カ国を調達先とし、その確かな調達力を基盤に安定供給体制を確立しています。2019年、当社は茨城県稲敷郡に国内最大級のヘリウムセンターとなる「東京ヘリウムセンター」を建設し、安定供給力をさらに強化しました。当センターは高効率のヘリウム回収設備を導入し、充填時に発生するロスを従来の8分の1に低減。また、超高純度ヘリウムガス(99.9999%)を上回る最新のガス製造設備も導入しています。国内はもとより中国・東南アジアでも高まるヘリウムの需要に、当社は安定供給で応えていきます。


2019年4月に完成した東京ヘリウムセンター

新たな価値創造の拠点「中央研究所」

中央研究所は、2013年4月に開設された当社の研究開発拠点です。ガステクノロジーをベースに世界トップレベルの各種分析機器や多彩な試験環境を整え、独自の研究開発に加え、開かれた研究所としてお客様やパートナー企業などとの共同研究、受託実験、技術支援やコンサルティングなどさまざまな取り組みを行っています。身近な暮らしに役立つ新製品も、水素エネルギー社会へ向けた新技術も、ここから生まれています。


国内最高レベルの水素研究設備

希少鉱物資源の供給

当社は、1952年、日本で初めてミネラルサンドの取り扱いを開始するなど希少鉱物資源の開発・供給に早くから取り組んでいます。資源メジャーからの安定調達により、ジルコン、チタン鉱石の取り扱い量は国内トップ。オーストラリアに自社鉱山も有し、新鉱区の開発・買収と、採掘後の確実な原状回復により、長期事業体制を構築。
原材料の確かな調達力で、機能樹脂、高機能金属、環境・エレクトロニクス・自動車など多様な業界の生産性向上や新たな製品開発にも寄与しています。



安心・安全な食料の提供

当社は、安心・安全な食料の提供を通して、健康で豊かな暮らしに貢献しています。国内外のネットワーク、ガスを活用した鮮度保持や食品加工技術など、当社ならではの強みを活かして、食料の調達から販売まで一貫した供給体制を構築。冷凍野菜、冷凍水産品、冷凍肉製品、健康食品など幅広い商品を市場へ供給しています。また、世界最大の種豚会社PIC社と提携し、高品質な種豚を日本の生産者に供給。さらに最新の養豚システムを提供し、安全でおいしい豚肉の生産を支えています。


冷凍食品ブランド「FOODS LAND(フーズランド)」

ケンボローポーク