岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
ホームCSR>環境への取り組み
環境・社会活動
TOP
環境への取り組み
社会への取り組み
社員とともに
コーポレート・ガバナンス
環境・社会報告書
 
 
環境への取り組み
 
ECO FREEZE

「環境良品」を生み出す努力

イワタニでは環境問題の解決・緩和、影響低減など、環境に有益な商品および開発技術を、「環境良品」と位置づけ、それぞれの販売目標および研究開発目標を設定し、日常的なビジネス活動を通じて環境改善を図ることを目指しています。
フロンガスに替わる自然冷媒である高純度炭化水素系冷媒「エコフリーズ(ECO FREEZE)」、ドライアイスを直径6mm前後のビーズ状に加工し冷却効果を向上した「ビーズドライ」が挙げられます。



エネルギーの高効率利用の推進

LPガス・LNGなどが持つエネルギーは、電気や熱に変換され利用されます。この時のエネルギーロスを抑え高効率に利用することが、省エネおよび資源の節約につながります。たとえば、家庭用に小型化されたガスコージェネレーションによる「マイホーム発電」は、電気と温水を無駄なく利用し、約25%の省エネを実現。また、高効率給湯器は、従来排熱として失われていた潜熱を利用し、約15%の省エネ効果を実現しています。このように、イワタニはエネルギーの高効率利用を促進する機器の開発にメーカーと協業し、普及拡大にも取り組んでいます。





アララクリーン活動

環境商品「ALALA」シリーズは100%天然素材から作られている地球に優しい洗剤です。その売り上げの一部は、社団法人日本ナショナルトラスト協会への寄付を通じて、北海道知床半島の「100平方メートル運動の森・トラスト」など、自然環境の保護に役立てられています。
イワタニは地道な活動を継続することにより、地域の自然生態系保護に貢献していきたいと考えています。





都市緑化システム
屋上や壁面緑化で節電・省エネ

節電が大きな課題となった今日、建物の屋上や壁面の緑化が注目されています。緑化は、植物の蒸散作用で周辺の気温を下げ、優れた断熱効果で屋内の温度上昇を防ぎ、省エネやCO2の排出削減も期待できます。イワタニの緑化システムは、砂漠緑化にも使われる土壌改良剤「ピートモス」を固化した基盤材を使い、植物の生育を助け、施工や維持管理が容易。農業分野の技術を応用した、今、注目されているシステムです。
イワタニは都市緑化システム普及に向けた取り組みの一環として、東京本社北側の壁面を緑化。都市景観にも豊かな潤いを与え、道行く多くの人々の目を楽しませています。