岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
TOP環境のために気候変動・公害汚染等生物多様性環境マネジメントシステム調達・物流への取り組み環境データ事業活動を通じた環境への取り組み社会のために文化・芸術・スポーツ振興技術振興活動地域社会への取り組み人権消費者保護への取り組み災害への対応事業活動を通じた社会への取り組み社員とともに労働安全衛生人事制度人材育成ダイバーシティ推進労使関係コーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス体制リスクマネジメント・コンプライアンスコーポレート・ガバナンス報告書コーポレートレポート


マテリアルバランス

当社の環境に与える影響の全体像を表すのが「マテリアルバランス」です。
2003年度より当社グループ国内連結対象企業の環境負荷について調査を開始し、結果を公表しています。
今後投入する資源・エネルギー量や廃棄物量、CO₂排出量などを削減していくことにより、事業活動における環境効率の改善に努めていきます。

岩谷産業(単独)

岩谷産業 対象範囲:国内全事業所(78カ所) 集計範囲:2019年4月~2020年3月
注:集計範囲の限定を☆で表します。 ☆:ISO14001認証範囲


イワタニグループ(連結)

イワタニグループ 対象範囲:上記の岩谷産業国内全事業所に加え国内連結対象会社74社およびエネルギー使用量の多い持分法適用子会社2社を集計範囲としています。 集計範囲:2019年度(各社会計年度)※1




注:推計値が含まれる場合には、公表値に占める実測値の割合を()内に併記しています。
※1:過去のマテリアルバランスについては、以下をご覧ください。
※2-1:事業者自らに温室効果ガスの直接排出分
※2-2:他社から供給された電気、熱、蒸気の使用に伴う間接排出分
※3:紙のリサイクル量には、新聞・雑誌・包装紙などの事業用途以外の紙資源が含まれています。

過去3年間のデータ





※1:事業者自らに温室効果ガスの直接排出分
※2:他社から供給された電気、熱、蒸気の使用に伴う間接排出分

環境会計


2019年度
(単位:千円)


※(公社)日本ナショナルトラスト協会への寄付など

地球温暖化防止/ CO2排出削減

事業活動を通じてCO2排出削減に貢献しています。
LPガスおよびLNG燃料転換や、バイオマス発電(PKS)およびバイオマスPET樹脂などの拡販により、2019年度は約30万t のCO2排出削減に貢献しました。
今後もクリーンエネルギーなどの拡販と開発に積極的に取り組み、温暖化防止に貢献していきます。