岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
TOP環境のために気候変動・公害汚染等生物多様性環境マネジメントシステム調達・物流への取り組み環境データ事業活動を通じた環境への取り組み社会のために文化・芸術・スポーツ振興技術振興活動地域社会への取り組み人権消費者保護への取り組み災害への対応事業活動を通じた社会への取り組み社員とともに労働安全衛生人事制度人材育成多様性の尊重労使関係コーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス体制リスクマネジメント・コンプライアンスコーポレート・ガバナンス報告書コーポレートレポート



当社の環境マネジメントシステム(EMS) は、大阪・東京両本社、中央研究所並びに全国6カ所の基幹拠点でIS014001認証を取得(人員の7 割強をカバー)しています。 また、認証範囲外の支店・営業所においても、本社・基幹拠点の指導のもとに管理体制を整えています。環境マネジメントの重要事項は「災害対応・環境委員会」で審議され、実行に移されます。

EMS運用組織




グループ内ISO14001の取得状況

当社をはじめ、以下の事業所が2015年版を取得しています。



グループEMS・QMS推進責任者会議

2001年度より、ISOを取得している主要子会社・関係会社を組織した「グループEMS・QMS推進責任者会議」を定期的に開催し、方向性の統一・情報交換・指導などを行うことで当社グループの環境管理体制の強化を図っています。





環境関連法規の遵守

環境関連法規について、関連業務に従事している社員への周知と遵守の徹底を図っており、2017年度は不遵守事例はありませんでした。

2017年度の環境関連法規一覧



内部環境監査・外部審査

EMSの内部環境監査は、年2回、社内全ユニットを対象に実施しており、発見された不適合は直ちに改善が行われます。
2017年度は9月と2月に実施し、重大な不適合は発見されませんでした。
また、2017年10月には高圧ガス保安協会によるISO14001の定期審査(2015年度版への移行審査含む)を受審し、EMSは有効かつ適切に運用、維持されているとの評価を受けました。

環境教育

当社では、社員の環境意識向上のため、下記の教育を実施しています。

2017年度実績




環境マネジメントの目標と実績

当社の環境マネジメントシステム(EMS)では、環境目標を毎年設定しています。GHG 削減(CO₂削減含む)や環境保護のために、営業車及び配送車のLPG 車などの低公害車への転換や、物流の合理化、及び全事業場対象のエネルギー使用効率の改善に取り組んでおり、毎年着実な実績をあげています。また、無尽蔵のエネルギーである水素の拡販をはじめ、さまざまな環境良品の普及拡大を環境目標として掲げ、達成に向けて取り組んでいます。
2017年度の実績、2018年度の目標は以下の通りです。

2017年度 環境活動結果


2018年度 環境活動目標