岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2002年05月20日(月曜日)

ESCO事業者向けに都市ガスの大口供給事業を開始

岩谷産業株式会社

岩谷産業株式会社(本社:大阪・東京、社長:牧野明次、資本金:200億円)は、関東経済産業局長よりガス事業法の規定に基づく許可を受け、株式会社エスエナジーサービス※1 (本社:東京都千代田区、社長:荒井至)の松本事業所向けに、今月より年間
1,400万m3の都市ガス大口供給を開始し、ガス小売事業に参入します。

平成11年のガス事業法改正により年間100万m3以上の需要家向けのガスの小売は自由化されていますが、これまで新規参入は電力会社などに限られていました。ガス工作物を保有せずに、商社機能だけで当局の許可を受けるのは国内で2番目となりますが、当社は様々なエネルギー選択肢を強みに今後の事業を展開してまいります。

当社はこれまでに、液化天然ガス(LNG)をタンクローリーで販売する会社を、関西電力(株)、中部電力(株)、北陸電力(株)他との合弁で各地に3社設立し、既に販売を開始していますが、天然ガス導管を利用した天然ガスの大口供給をするのは今回の(株)エスエナジーサービス向けの供給が初めてです。

(株)エスエナジーサービスは、ガスタービンなどのコージェネレーションシステムを建設し、ユーザーの初期投資を必要とせずにエネルギーコストの低減、CO2排出量の削減を行うESCO事業※2 を専門に行う会社で、当社のほか、富士電機(株)、(株)シーエナジー、川崎重工業(株)、伊藤忠商事(株)との合弁で昨年8月に設立されました。
同社は、会社設立以来初のプロジェクトとして長野県松本市の富士電機(株)松本工場内に5MWのガスタービンを建設し、今月より電力および熱の供給を開始します。

当社は今後もユーザーに対し、コージェネレーションシステムを利用した工場・ビルなどの省エネルギー・環境改善の提案を行うと同時に、都市ガスの大口供給も積極的に行ってまいります。
                                                 以 上
 

※1  株式会社エスエナジーサービスの概要について
  1.会社名 : 株式会社エスエナジーサービス
  2.所在地 : 東京都千代田区三番町6番地17
  3.代表者 : 代表取締役社長 荒井 至
  4.資本金 : 9,000万円
  5.株 主 : 富士電機株式会社
株式会社シーエナジー(中部電力グループ)
川崎重工業株式会社
岩谷産業株式会社
伊藤忠商事株式会社
  6.設立日 : 平成13年8月1日
  7.事業内容 : (1) 電力、蒸気、温水、冷水、水素ガスの供給業務
    (2) 省エネルギー型の電気設備、ガス設備、空調設備、給湯設備等に関する機器の販売、賃貸借業務および運転、保守業務ほか

※2 ESCO事業について
ESCO(Energy Service Company)事業とは、民間のビジネスべースにより省エネルギーを実施し、その効果が保証・継続されるものを言います。政府のエネルギ-施策に合致する新ビジネスとして注目されており、今後、ESCO事業の普及拡大により、省エネルギーはもとより温室効果ガスCO2の排出量削減による地球環境保全にも貢献できるものとして、今後が大いに期待されています。
 

このページのトップへ