岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2004年03月30日(火曜日)

大阪地域の液体水素・空気分離ガス製造新会社
「株式会社ハイドロエッジ」の設立

岩谷産業株式会社

このたび、岩谷産業株式会社(本社:東京・大阪、社長:牧野 明次、資本金:200億円)は堺LNG株式会社(本社:堺、社長:塩田 鉄、資本金:10億円)と合弁で、液体水素及び空気分離ガス(酸素、窒素、アルゴン)の製造会社『株式会社ハイドロエッジ』を平成16年4月1日に設立することといたしました。

新会社の資本金は2.45億円。(岩谷産業(株):3.9億円、堺LNG(株):1.0億円、各社出資額の半額は資本準備金に充当)堺LNG(株)には寒冷源としてのLNG、及び水素原料としての天然ガスを供給いただく等の密接な関係にあるため、出資いただくこととなりました。新会社の社長は岩谷産業から派遣、工場敷地面積は約3.2万m2(大阪府堺市、堺LNGセンター事業用地の一部)、営業運転開始は平成18年4月を予定しております。

液体水素プラントの能力は3,000L/hを2系列であり、国内最大の製造能力となります。水素原料として天然ガスを使用し、水蒸気改質により水素を製造し、精製・液化して液体水素を製造いたします。空気分離ガスプラントのマーケットへの供給可能量は周辺企業へのパイピング供給分を含めて約12百万Sm3/月(酸素・窒素・アルゴン合計)となります。液体水素プラントに併設して空気分離ガスプラントを設置し、寒冷源として液体窒素を使用することにより、消費電力が削減でき、コストパフォーマンスのある液体水素を製造することが可能となります。

当社といたしましては、LNG冷熱を利用した両プラントを建設することにより、液体水素ならびに空気分離ガスの製造コストの低減を図るとともに、とりわけ、液体水素につきましては、宇宙航空研究開発機構(JAXA)への供給に加え、今後既存産業用への利用拡大や更には将来の燃料電池車向けの水素供給インフラの整備にも力を入れていきたいと考えております。
 

■会社概要
  商   号   株式会社ハイドロエッジ
  設 立 日   平成16年4月1日
  本社所在地 大阪府大阪市
  事業開始   平成18年4月(予定)
  資 本 金   2.45億円
           (出資額)岩谷産業株式会社 3.9億円(約80%)
                 堺LNG株式会社  1.0億円(約20%) 
                 ※出資額の半額は、資本準備金に充当
 業務概要    水素ならびに空気分離ガス(酸素、窒素、アルゴン)に関する事業
 社   長    岩谷産業株式会社から派遣


■プラント概要
  建 設 地   大阪府堺市築港新町3丁1番の一部
  敷地面積    約3.2万m2
  主要設備
       ・液体水素製造設備    : 液体水素      3,000L/h×2系列
       ・空気分離ガス製造設備 : 液体酸素      4,000Nm3/h
                          液体窒素     12,000Nm3/h
                          液体アルゴン    150Nm3/h
  工事着工    平成16年度
  運転開始    平成18年4月(予定)


■参  考
  岩谷産業株式会社
    本社所在地  大阪市中央区本町3丁目4番8号
    代 表 者   牧野 明次
    資 本 金   20,096百万円
    設   立    昭和20年2月

  堺LNG株式会社
    本社所在地  大阪府堺市築港新町3丁1番10号
    代 表 者   塩田  鉄
    資 本 金   1,000百万円
    設   立    平成12年12月
    出資比率   関西電力(株)    70%
             岩谷産業(株)    12.5%
             コスモ石油(株)   12.5%
             宇部興産(株)    5%

 

このページのトップへ