寮生座談会

2014年4月からスタートした新入社員の全寮制。新設されたいづみ寮で寮生活を送っている
先輩社員たちに、寮生活を通じて学んだこと、感じたことを本音で話してもらいました。

2014年4月からスタートした新入社員の全寮制。新設されたいづみ寮で寮生活を送っている先輩社員たちに、寮生活を通じて学んだこと、感じたことを本音で話してもらいました。

寮に入る前は、誰もが不安を抱いていた

矢野 :
いづみ寮での生活にもすっかり慣れたとは思うけれど、入る前は正直どんな心境だったかな。
越前谷 :
初めて自宅から離れて生活することに対するワクワク感はありましたね。でも、それと同時に1年間は同期と相部屋という話を聞いていたので、必要以上に気を使ってしまうのでは?という不安もありました。
毎田 :
そうそう。私も実家を出るのは初めてだったし、1年間だけですが、同期と相部屋と聞かされて一体どんな生活になるのか全く想像ができませんでした。ですが実際に生活してみると、先輩方も非常に優しくて、思ったよりも過ごしやすいと感じました。
矢野 :
そうだね。私が入社した時は今と違って、圧倒的に先輩社員の方が多かったから、不安になったなぁ。でも、初日の飲み会を経験したら一気に仲良くなって不安もふっとんだね。
穐鹿 :
飲み会といえば、私が入社した年は初日の夜の歓迎会がかなり激しくって(笑)。毎晩これ?と不安になったけど、今は少し大人しくなったかな。しかもここの寮は新設されたばかりだから、君たちは相当恵まれているよ(笑)
越前谷 :
そうなんですか? それを聞いてホッとしました(笑)

社会人生活を豊かにするために配慮された最新の寮設備

矢野 :
みんな、お気に入りの施設はあるかな?
越前谷 :
ジムがあるのには驚きました。週3回、ロードバイクやベンチプレスを活用していますが、混み合うことも全くなく、いつも決まったメンバーが顔を合わせるので、部署を超えた先輩社員とのコミュニケーションが生まれていますね。
毎田 :
私は、各フロアに用意されたラウンジが気に入っています。大型TVが設置されているので、同期や先輩と一緒にビールを飲みながらスポーツ観戦を楽しんでいます。Jリーグや日本シリーズ観戦はずいぶん盛り上がりましたね。
穐鹿 :
全国から新入社員が集まってくるから、ペナントレース中もエキサイトしたでしょ?私は全自動トイレや洗面スペースが綺麗で清潔な点がいいね。今まで住んでいた寮は、築40年という歴史ある建物だったから(笑)。私たちがあの寮を知る最後の代となってしまったね。
矢野 :
確かに(笑)古い寮にも愛着はあったから、少し寂しいけれども、この新しい寮で暮らしたらもう戻れないね(笑)。特に私が気に入っているのは広くてきれいなお風呂かな。裸の付き合いじゃないけれど、風呂場で会うとなぜか先輩や同僚、後輩と真面目な仕事の話になるんだよね。とても貴重な時間だと思う。

同期で生まれる仲間意識

矢野 :
今年から始まった、入社1年目の相部屋生活は正直言ってどう?
越前谷 :
最初の1、2週間は仕事に慣れずに疲れて帰ってきて、また人がいるような状況だったので、正直ストレスも溜まりました。それも1ヵ月経ったら慣れてしまいましたね。今はけっこう楽しんでいますよ。
毎田 :
私は越前谷君と違って、最初からけっこう楽しく過ごせましたね。常に会話ができるのはありがたい、体調の悪い時には薬の貸し借りをして気を配りあったり、誰かが靴を磨き始めたら、自分もやらなきゃと思ったり(笑)。
穐鹿 :
どうしても仕事には不安や悩み、愚痴などがつきものだよね。だから、毎田君が言うとおり、常に同期の仲間との会話の中で、それを吐き出すことができる環境にあるのは、とてもうらやましいと思う。
矢野 :
僕たち先輩社員も時々、部屋に突撃して(笑)。後輩が気になって輪に入って話を聞いたりするんだよ。
毎田 :
矢野さん!この間はいきなり遅い時間に…(笑)。そこから普段話せないこともみんなで語り合うことができて、けっこう楽しかったですよね。

“寮生活”という共通体験から生まれる絆

矢野 :
ちょっと真面目な話をすると、寮生活を共にした同期との関係は特別だよ。同僚から一歩超えた仲間という感覚。転勤で散り散りになった今でも、結婚式に呼び合うような関係だったりする。そんな仲間がいっぱいできるのは素晴らしいことだよ。
毎田 :
確かに。同期もですが、ここで生まれた先輩社員とのつながりもかけがえのないものだなって思っています。例えば、営業のコツを聞いたり、「今度、同行させてください!」と言いやすいのも同じ寮の先輩だったりしますね。
越前谷 :
イワタニって、人間関係が本当に濃密な会社ですよね。面倒見の良い先輩が多いなと感じます。一緒に寮生活をしていると、そんな人の良さがよく分かります。
穐鹿 :
イワタニは商社なので、人間力が問われる。そういう意味でも、先輩後輩、同期などの関係から人とのつながり方、基本的なマナーが勉強できるのが寮生活だと思う。だから、みんな、いい仕事ができるようになると思うよ。
矢野 :
みんなが言うとおり、部署や年次を越えたつながりが生まれるのが、寮生活の最大のメリットだと思う。同じ時期に生活を共にしていない大先輩でも、寮という共通体験から親近感が湧いてくるしね。そして貴重なアドバイスをもらいながら商社マンとして成長していける、そんな環境にあることは間違いないね。
※ 所属は取材当時の所属です。

to top