背景画像
スマホ用画像

貿易に携わり、自分で動かしていく。
世界と繋がりながら
仕事ができる楽しみ。

渡邉 緑
マテリアル本部 資源・新素材部
学芸学部卒 / 2010年入社

時にはメーカーとの地道な交渉も。すべてはお客さまのために。

私は経費処理や貿易統計更新などの仕事を担当しており、中でもメインとなっているのは輸出入業務です。私の所属する部署では、歯科材、洗剤、塗料などに使われる化学原料、セラミックス原料などを扱っており、その商材のほとんどが輸出入されています。
輸出業務では主に米国から商品を受注後、契約書の発行や国内メーカーへの商品発注を行います。どの船で海外へ輸送するかまで考え、船が出港した後は、米国へ必要な書類を送付します。ときには受注後、船積みまで数ヵ月かかることがあります。お客さまの希望納期に沿えるよう、メーカーと交渉。その結果、無事予定通り船が出港できた時の達成感はひとしおです。
配属当初、業務担当の仕事は上司や営業担当に言われたことをするだけと思っていましたが、実際には受注後の仕事はほとんど自分に任されます。責任感を持ち主体的に仕事をしていけること、それは大きなやりがいになるとともに、仕事の楽しさにも繋がっています。

高みを目指して日々スキルアップ。
仕事に磨きをかけていく。

資源・新素材部は海外とのやりとりが非常に多い部署です。日本語を話せる海外の現地スタッフはいますが、やはり英語を使う機会が多くなります。大学は英語英文学を専攻し、入社前から英語を使える部署を希望していたので、とてもやりがいを感じています。入社後も興味のあることを勉強し続けたいという気持ちは学生のころから持っていましたし、何より周囲の先輩や同期も、それぞれが必要なスキルを学ぶ姿勢を常に持っています。刺激を受け、英語力をアップさせるために英会話学校へも通い始めました。また、貿易に関する知識を身に付けるため、定期的に社内外のセミナーに参加しています。今後も、今以上に幅広い仕事を任せてもらえるよう、スキルアップしていきたいと思っています。

1DAY SCHEDULE
08:30
出社。メールチェック、当日のやること・予定の確認、打ち合せ。
09:00
輸入業務における船の動静確認、仕入先とお客さまへの電話・メール連絡など等を行う。
12:00
昼休み。いつも同僚と昼食をとる。
13:00
輸出業務における納期や船のスケジュール調整、船積書類の送付、為替予約など等を行う。
15:00
輸出入業務の処理について、関連部署と電話等でやり取りを行う。
16:00
売買計上業務と雑務処理を行う。
18:00
退社。ジョギングをしたり、同僚と食事に行くこともある。
MESSAGE

私は就職活動の時、友人と一緒に授業の空き時間を「就職活動の時間」として自己分析をしていました。一人では気づかないことに気づくことができたり、いろいろな話を交えながら楽しみながらできたのが良かったと思います。
就職活動をしていると、どうしても周りが気になり焦ることもあると思いますが、自信を持って自分のペースで頑張ってください。一緒に働けるのを楽しみにしています。

イワタニの人TOPへ

to top