MY VISION
多くの人から「君に」と
思われる存在になる
  • 東京支店 産業ガス・機械課
  • 金原 雄大

  • (外国語学部卒 2012年入社)

INTERVIEW

  • # 01

    自分の名前で勝負。そこから
    新たに始まるビジネスがある
    私は今、東京支店の産業ガス・機械課に所属しており、首都圏地区で多種多様なユーザーに対し工業用ガスや設備の販売をしています。製鉄所やコンビナートから飲料、製薬メーカーまで非常に多岐に渡る分野への営業活動を行っており、営業車で顧客訪問を実施する日々を送っています。この仕事のやりがいは、ユーザーと直接会話する緊迫した場面が多い反面、成功した時の喜びが計り知れないことにあると感じています。毎日さまざまな分野についての勉強をしながら、自分のアイデアを提案していく。そして客先担当者に納得して頂き、新たなビジネスが始まる。いうなれば、イワタニの力をフルに使ったうえで「金原雄大」という名前で勝負ができることが、この仕事の醍醐味だと思います。
  • # 02

    営業は「人 対 人」。
    この人と末永く商売を続けたいと
    感じて頂く
    現在、再生医療プロジェクトという新規プロジェクトに参加しているのですが、発足当時弊社にはノウハウや実績が全くない状態でした。競合他社が非常に優位なマーケットの中、弊社独自のアイデアを絞り出し、新分野へ参入しました。ところが、弊社には実績がないため、お客様に振り向いてもらえないことも多々ありました。何よりも実績が欲しい状況でしたが、ある特定のユーザーに対し諦めずに提案を幾度となく繰り返したところ、調達先を弊社に切替えて頂く方向で話が進みました。ところが競合他社による猛烈な巻き返しがあり弊社との取引開始は非常に厳しい状況に。そこでも諦めず、私は毎日のように客先へ通い続け、最後には「金原さんにお任せします」という言葉を頂きました。粘り強く目標を諦めずに到達したこのときの喜びは、決して忘れません。
  • # 03

    若手が自信を持って積極的に仕事が出来る。この風土を、維持・向上
    させていく
    私は就活生のとき、「商社である」「海外で活躍できる」「会社の雰囲気が良い」ことから、イワタニを志望しました。当時は50社に及ぶ会社にエントリーし、他社での選考も進んでいましたが、イワタニの社員の人柄に完全に惚れてしまったのが、入社を決定づけた要因です。社内の人は当時想像していたような人ばかりで、さまざまな人と交流を深めています。また今後は、これまで以上に若手がもっと活躍できる会社にしていきたいと思います。若手が意見をどんどん出し、組織がより活性化すれば、お客様に「岩谷産業は勢いがある会社」と感じて頂けると思います。そのためにも若手が自信を持って積極的に仕事が出来るような風土を維持、向上させていきたいと思います。

ONE DAY

  • この日は外出の時間が多いため、
    朝の時間に対応します。

  • お付き合いをしているお客様のもとへ
    ご訪問。稼働状況などをヒアリングします。

  • 2人の子供たちと遊び、癒されています。目指せ、イクメンパパ!

  • 仕事や飲み会がない日はスパッと家に帰り子供たちと戯れるようにしています。片手で娘をあやし、片手で息子の遊び相手をする、という技も現在習得中ですね(娘がなかなか泣き止みませんが笑)。家の中が賑やかなので、仕事の疲れが一瞬で吹き飛ぶのはもちろん、子供たちの成長を肌で感じることが人生の中で大切な時間だと実感しています。
    ※同僚との飲み会も、もちろん大好きです。