MY VISION
目まぐるしく変化する“未来の必要”
先駆的な分野にも率先して取り組めるリーダーに
  • マテリアル本部 電子マテリアル部
    電池材料課
  • 小菅 智之

  • (理工学研究科 工業化学専攻卒 2012年入社)

INTERVIEW

  • # 01

    新エネルギー社会実現へ
    野心に満ちた日々
    新エネルギー社会を実現するためには、発生したエネルギーを電気として蓄える電池が必要です。そしてまた、その電池を作るためには日本には存在しない希少資源が必要不可欠です。私は現在、その希少資源を中国から輸入する仕事に携わっています。そして、将来的に到来するであろう本格的な新エネルギー社会に先駆けて、“電池”業界の材料分野において当社で何が出来るかを、日々模索しております。
    成長分野で仕事ができることは、大きな成果に結びつくビジネスチャンスがあるため、非常にやりがいを感じます。また、同僚や取引先の皆様も、非常に野心を持った方が多いため、絶えず刺激的な環境で仕事をさせていただいているのが嬉しいですね。
  • # 02

    取引先からどれだけ信頼されるか
    それ次第で結果も大きく変わる
    商社として最も重要なことは、仕入先との信頼関係を構築し、ビジネスを拡大することであり、その為には自分たちの存在意義を示し続けることが大切です。特に、輸入案件においては、日本市場での販売活動を担う上で、仕入先に対して日本の企業文化、市場の重要性を客観的に伝えなければなりません。インターネット等では収集困難な活きた情報を集め、状況に応じて自分なりにまとめる必要があります。そのため、日々の情報収集とその情報をもとにした説明の準備には人一倍力を注いでいます。
    そうして、日頃から積み重ねた信頼関係は、重要な交渉の成否を左右すると言っても過言ではありません。成約に結びつけられたときは信頼関係の重要性を実感でき、全力で向き合ってきて良かったというこの上ない達成感が得られます。
  • # 03

    目まぐるしく変わる未来の必要に
    より先駆的なリーダーが必要
    イワタニは、本当にさまざまなことにチャレンジしている会社です。今後は、よりスピーディに業界再編が起こる中でも、取引先から頼りにされ続ける会社にしていくことが我々の使命といえるでしょう。そのために私は、自身が所属しているマテリアル事業を、ガス&エネルギーという看板に並ぶ存在に出来るよう会社の事業領域の多様性に貢献していこうと思っています。将来的には、マテリアルという観点からもエネルギー業界において幅広い選択肢を持った提案を出来る会社にしていきたいです。今後“未来の必要”自体が目まぐるしく変化する時代になるでしょう。そのために先駆的な分野にも率先して取り組めるリーダーとして自分自身を高めていき、部下が自信を持てるような助言の出来る上司になっていきたいと考えています。

ONE DAY

  • メールチェックなどを行います。

  • 訪問先にて、新商材の提案営業!

  • 妻や同僚とランニング!
    走った後の、ビールが美味い!

  • 仕事上、会食が多いことから汗を流さないと健康面にも良くないと感じ、都合が合えば会社の同僚や妻と、都内でランニングをしています。最近は都心にも荷物が不要でランニングが出来る施設があり、結構便利です。高い目的を持って走っているわけでは無く、軽く汗を流すだけ(その後のビールが格別笑)ですが、とてもよいリフレッシュになっています。