MY VISION
創業90年、そしてその先へ夢と
やりがいを持ち続け、会社も自分も
成長していく
  • カートリッジガス本部
    東日本営業部長
  • 羽野 一作

  • (経営学部 経営学科卒 1994年入社)

INTERVIEW

  • # 01

    日本初の商品を、世界の市場へ
    発売50周年を迎える歴史ある“カセットこんろ・ボンベ”の国内の営業に携わっています。私はその中で、特に日本国内の東日本エリアの営業を担当しています。歴代の先輩方のお蔭で、今日これらの商品は日本国内にて圧倒的な販売シェアを築いていますが、さらに海外に向けて市場を拡大させていくことが、今後の命題となりました。現在、私は日本国内だけでなくアメリカ市場及び、中国市場を含むアジアマーケットへの販売を管轄しています。もちろん、国内とは違う異文化を相手に日々模索しておりますが、日本で生まれたこの商品を、世界を舞台に拡大させていく事に、非常に大きな夢とやりがいを感じています。
  • # 02

    他社に奪われたシェア。
    損失を取り戻すべく、諦めずに
    大切にしてきたこと
    大手取引先のシェアを他社に奪われてしまい、取引が激減し、営業部の損益に大きな影響を与えてしまったことがありました。ただそこで諦めずに前向きに、当時の営業責任者と1年かけてプランを綿密に計画しました。結果的に、商権を取り戻すことができました。その後に先方の営業部長と海外出張も同行し、お互いの立場を再確認。今では双方にとって、切っても切れない信頼関係を築きあげる事ができ、また現在では後任の担当者達が良いパートナーシップを続けています。日々、驕らず謙虚に仕事に取り組んでいく事で、私一人では解決できない困難も、周りのメンバーが支えてくれます。一人で抱え込むのではなく、常にチームで仕事に取り組むことを念頭に、お互いの立場を尊びながら仕事に取り組むことが、良い結果に繋がると考えています。
  • # 03

    世の中に必要なものは栄える
    水素の普及こそ、命題
    弊社は2020年に創業90周年を迎えますが、続く100周年、さらにその先でも、社員一人ひとりが夢とやりがいを持ち仕事に取り組む会社でありたいです。そして、着実にイワタニが成長していくよう尽力すれば、その中で、必ず自分自身もさらなる成長を遂げることができるでしょう。また、昨今では『水素のイワタニ』と呼ばれるようになりましたが、東京オリンピック後には水素を使った家庭用商品を開発し、より水素を人々の身近なものにしていきたいと思っています。環境問題に注目が集まる昨今、究極のクリーンエネルギーをもっと一般家庭に普及させることが、当本部の使命だといえるでしょう。世の中に必要なものは、栄える。家庭用のカセットボンベに次ぐ、水素ボンベを普及させていきたいです。

ONE DAY

  • お客様へより良い提案をするべく
    ミーティング。

  • 部下と共にお客様のもとへ!より良い
    商談になるようサポートします。

  • 帰社後本日の振り返りや翌日準備をし、
    退社します。

  • 仕事仲間と乾杯!

  • 職場の仲間と、仕事話を抜きにお酒を飲みに行くのが楽しみです! この写真は、私の47歳の誕生日を職場のメンバーが祝ってくれた時のものです(笑)。この日は、たまたまメキシコの伝統的なお祭りの日でしたので、皆で楽しくお酒を嗜みました。