MY VISION
情報収集力とPR力を高める!
情報が自然と集まってくる人に
なりたい!
  • 広報部
  • 油井 汀

  • (経営学部 経営学科卒 2016年入社)

INTERVIEW

  • # 01

    情報収集力で、
    自分なりの提案を
    社内の取材・広報物の誌面作成等を全般的に担っています。具体的には、社内報である「いづみ」の記事を取り纏める統括業務や、展示会や式典の社員や会社の活動の取材・誌面作成を行っています。また新しい情報をプレスリリースするための原稿作成や各種マスコミへの取材・撮影対応も行っています。そのため、自分が広報する内容や伝えたいことが、きちんと伝わるような文章力や写真を撮る技術の向上などが求められます。当社に関わる新聞記事や冊子などを毎日欠かさず読んだり、カメラメーカーが主催するフォトセミナーに参加し、スキルアップすることも重要な仕事の一つになっています。 特に社外向けの媒体やマスコミを集めて行うイベントなどでは、各部門と連携して当社のカラーや商品をどうPRするか考え、発信することが求められます。日々、幅広い商品知識と情報収集力を磨きながら、成長も実感できやりがいを感じています。
  • # 02

    1960年から続く、
    歴史ある社内報
    歴史ある社内報作成に携わっており、約40Pに渡る誌面構成や取材、原稿作成、最終的な掲載内容のチェックに至るまで一貫して担当しています。担当して間もない頃は誌面の締切やスケジュール管理、ページ構成の方法など覚えることが山積みでした。周囲の方々から誌面スケジュール管理の仕方や誌面作成の方法など、分からないことは何でも聞き、アドバイスを頂いたおかげでなんとか乗り越えることができました。そうして経験を積んでいくうちに一連の仕事を任されるようになりましたが、様々な仕事の中でも特に、「社内の各部署が新たな商品をどういうカタチでPRしたいと考えているか」を部門担当者と共に考える、ここにこの仕事の面白みが詰まっています!
  • # 03

    こんな人たちと働きたい、
    と思った
    イワタニを志望したのは、もともと商社に興味があり、セミナーに参加したことがきっかけでした。セミナーに参加した際、社員から聞く話は大変面白く、もっと知りたいと思いました。その後、社員訪問や人事部の方と何回も会っていくにつれ、どんどん人間性に惹かれていったのを今でも覚えています。 そして広報にいる今、様々な部門の社員と接し、ざっくばらんに各部署の思いを聞くときにもその時感じた社風のままの温かい人柄を、日々感じています。

ONE DAY

  • 出社したら、さっそく新聞掲載とメールのチェック!

  • この日は、社内報掲載コラムについて上司と打ち合わせ。

  • 上がってきたデザイン・掲載内容の部門確認など。いつも「もっと違う言い回しがあるような・・・」と悩みます。

  • 仕事終わりの
    ジムでリフレッシュ!

  • ジムは学生時代からのライフワークと言えます。今でもジムに行く日は、少し浮き足立っているほど(笑)。もともと小学生から部活動でも運動をしていたので、身体を動かすことが大好きですし、仕事と気持ちを切り替えることが出来るため、とても良いリフレッシュになります。ウエイト、ランニングはもちろんですが、最近では、独学で学んだヨガをジムで練習することにハマっており、野外でもスペースさえあればどこでもポージングしてしまいます。これからも続けていきたい趣味の一つです。