MY VISION
夢を実現していく文化を
維持発展させる
  • 産業ガス・機械事業本部 部長
  • 橋本 信一

  • (工学部 応用化学科卒 1992年入社)

INTERVIEW

  • # 01

    ヘリウムの安定供給という
    巨大なミッションに挑む
    ヘリウムガスは、光ファイバーや半導体、液晶などの製造工程や、超電導を利用している医療用MRIでは欠かせないガスです。また、世界の限られた地域でしか産出されない天然資源のために調達が難しく、わが国でも安定的な確保が課題となっています。 そのような希少なヘリウムガスを、アメリカやカタールから仕入れ、日本・中国・東南アジア諸国など12か国で販売しています。その仕入れから海上輸送、加工、そして販売までのあらゆる過程が私たちの職務範囲であり、常に当社の海外の現地法人と連携しながら仕事を進めています。他にも、日本の茨城県と中国の西安市での工場建設、アメリカやカタール以外の国からのヘリウム調達のプロジェクトが動いており、当社の中でも特にグローバルにビジネスを展開している部門といえます。
  • # 02

    安定供給という価値を大切に
    いかなる変化が生じても迅速に対応する
    2017年6月に、カタールが周辺諸国から突然国交を断絶されるという事態になりました。 それまでは、カタール産のヘリウムガスは、カタールからサウジアラビアを経由しUAEの港まで陸路では運ばれ、そこからコンテナ船にのせてアジアの顧客のもとへデリバリーしていましたが、国交の断絶によりそのルートが活用できなくなりました。しかし、わずか数週間という短期間で、カタールの港から国交を断絶していないオマーンを経由してアジアへ海上輸送するという新たなデリバリールートを構築し、安定供給という価値を守り通すことが出来ました。
  • # 03

    多様な人材が活躍し、それぞれの努力の結果が紡がれ、
    夢が実現されていく会社
    当社は、ガスの販売店という立場から事業をスタートし、先人たちが様々な課題を乗り越え、酸素や窒素といったエアガスを自ら製造するメーカーとなりました。ヘリウムガスの事業についても、少しずつ事業規模を拡大しながら、今では世界で8%のシェアを得るにいたりました。創業者の夢であった水素社会も、今まさに世の中が実現に向けて動き始めています。これらはすべて、皆それぞれの夢から始まっています。夢の実現に向けて努力を続ける、そして一つずつ夢を実現していくのがイワタニです。私自身、ぜひその文化を維持発展させていくリーダーになれたらいいと思っています。

ONE DAY

  • アメリカ仕入先とテレビ会議

  • プロジェクトの進捗確認と指示。部員のことはいつも気にかかります。

  • ある大学との、新事業創造のため打ち合わせに向かいます。

  • ビールで乾杯!
    休日は喧騒を離れ自然を満喫します!

  • 一日の業務が終わると、情報収集や情報交換のため、顧客や関係会社等と食事に行き、よくビールを飲んでいます!また休日は、学生時代はヨット部に所属していましたので海が大好きでしたが、最近は山に行く機会も増えました。喧騒から離れ、自然の音に耳を傾けているとリフレッシュできます。