岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2002年09月02日(月曜日)

業界初、4つのお知らせ機能を搭載した
「カセットフーCB-ASF-35」を発売

岩谷産業株式会社

岩谷産業株式会社(本社:大阪・東京、社長:牧野明次、資本金:200億円)は、このほど業界で初めて、熱感知センサーによる4つのお知らせ機能を搭載した「カセットフーCB-ASF-35」を開発、9月10日より全国で発売します。

年間280万台の市場規模(工業会加盟各社合計)をもつカセットこんろは、いまや「一家に1台」といわれるほどの生活必需品。手軽に持ち運びができ、日常に欠かせない便利な道具ですが、万一使用を誤ると思わぬ事故に発展することがあります。市場の約50%のトップシェアをもつ当社では、こうした事故を未然に防ぐために、業界に先駆けて、熱感知センサーを搭載した4つのお知らせ機能付「カセットフーCB-ASF-35」の発売に踏み切りました。

「カセットフーCB-ASF-35」のお知らせ機能は以下のとおりです。
(1)ガス切れ 使用中にカセットガスが空になると、アラームが鳴り、ガス交換をお知らせします。
(2)立ち消え 使用中に鍋からのふきこぼれなどで火が消えた場合、自動的にガスを遮断し、アラームでお知らせします。
(3)ガスの過熱 誤使用により、カセットガスが異常過熱した場合に、自動的にガスを遮断し、アラームでお知らせします。
(4)こんろの過熱 誤使用により、カセットフー本体が異常過熱した場合に、自動的にガスを遮断し、アラームでお知らせします。
いずれの場合もお知らせブザーは、つまみの位置をOFFに戻すまで鳴り続けます。こんろは、過熱などの状態が改善された段階で、再び使用が可能になります。

「カセットフーCB-ASF-35」の最大火力は、業界初の4.1kW(3500kcal/h)=1本ボンベ仕様で、キッチン用ガスレンジに遜色のないハイパワーを実現。当社では高齢化社会を考慮し、電磁調理器の攻勢に対応した商品として位置づけており、全国の有名百貨店、通信販売等のチャネルを中心に、初年度50,000台の販売を見込んでいます(希望小売価格\15,000-)。

「カセットフーCB-ASF-35」の主な仕様
  サ  イ  ズ 331(幅)×310(奥行)×87(高さ)mm
  重     量   約2.7kg(単2アルカリ乾電池2本を含む)
  本 体 材 質   アルミニウム
  トッププレート材質   ニッケルトップ
  五 徳 材 質   SPP(ホーロー用鋼板)
  最 大 発 熱 量   4.1kW(3,500kcal/h相当)
  連 続 燃 焼 時 間   約55分(カセットガス1本)
*温度20〜25℃のとき、強火連続燃焼の実測値
  ガ ス缶着脱方式   マグネット方式
  カ  ラ  ー   シルバー
  希 望 小 売 価 格   15,000円(消費税別)

このページのトップへ