岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2001年03月22日(木曜日)

需要拡大が期待されるゴム集成材事業に進出
タイ国、家具・建材メーカー「バンコクファインウッド社」に出資
ゴム集成材の輸入販売と同集成材を活用した家具の輸入販売を展開

岩谷産業株式会社
 
 
岩谷産業株式会社(本社:大阪・東京、社長:牧野明次、資本金:200億円)は、環境保全の観点からリサイクル木材として注目を浴びている、ゴム集成材及び集成材製家具・建材メーカーであるバンコクファインウッド社(以下:BFW社)に出資し、ゴム集成材及び同材を活用した家具の輸入販売事業に進出します。

当社が出資するBFW社は、すでに当社とパートナー関係にあるタイ国最大の家具メーカー、バンコクインターファン社(以下:BIF社)が設立した会社です。
当社は、BFW社に対し、20百万バーツ(約56百万円)を2001年3月末までに払込を完了します。出資比率は10%で、当社より常勤取締役1名を派遣する予定です。
現在、ゴム集成材工場を建設中で、4月からの稼働を予定しております。
また、同時に日本における集成材のトップメーカーであるセブン工業株式会社(岐阜県美濃加茂市)も10.7百万バーツ(約30百万円)を出資し、BFW社への技術指導を行います。その技術指導のもとで製造されたゴム集成材を当社がセブン工業株式会社へ輸入販売します。
当社は、この出資により、これまでのBIF社製家具の輸入販売に加え、新たに木質家具
など、ゴム集成材製品のメーカーポジションを得ることにより、日本市場向け輸入家具の販売を拡大します。

販売目標:初年度 140百万円、 3年目514百万円

なお、ゴム集成材とは、ゴム樹液採集後に伐採・廃棄されていた木材を利用して製造されているもので、地球環境保全の観点からリサイクル材として注目を集めており、今後ますますの需要拡大が見込まれています。

■「バンコクファインウッド社」の概要

英文社名 : BANGKOK FINE WOOD CO.,LTD.
本社所在地 : タイ国ラヨーン県
代表者名 : ピシット パタマサタヤソンティ(BIFグループ社長)
設立年月日 : 2000年4月10日
資本金 : 2億バーツ(約5億60百万円)
株主構成 : バンコクインターファン社グループ84.6% 、
岩谷産業株式会社 10.0%、セブン工業株式会社 5.4%
主な事業内容 : ゴム集成材の製造、同製建材・家具の製造
従業員数 : 220名(計画)


■パートナーの概要

(1)バンコクインターファン社およびグループ10社
  所在地   バンコク
  設立   1973年
  代表者   ピシット パタマサタヤソンティ
  資本金   約38億円
  グループ年商   205億円
  従業員   5,500人


(2)セブン工業株式会社
  本社   岐阜県美濃加茂市太田町1752-1
  設立   1961年
  資本金   24億73百万円
  代表者   代表取締役社長 楯 忠
  上場   東証2部(2000年)
  年商   194億円 (2000年3月)
  従業員   325名
  業種   集成材、住宅部材の製造販売および付帯事業

このページのトップへ