岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2001年06月29日(金曜日)

東海カーボン(株)保有の東海産業(株)株式購入
岩谷産業株式会社

 今般、岩谷産業株式会社(本社:大阪・東京、社長:牧野明次、資本金:200億円、証券コード:8088)は、東海カーボン株式会社(本社:東京、社長:大嶽史記夫、資本金:154億円、証券コード:5301)と、同社が保有する東海産業株式会社の全株式を購入することで売買契約が成立しましたのでお知らせいたします。

〔1〕 株式購入の理由
 東海産業(株)は、昭和36年、東海カーボン(株)のアセチレンガス事業を担当する子会社として設立されました。設立以来、現在まで関東圏全域をベースに各種工業ガスや関連機材を販売する事業を展開し、今年創業40周年を迎えております。
 しかし、近年、わが国の経済構造が変化する中で、この地域でのアセチレン需要は減少し、それに対応して生産体制の見直しを進めてきましたが、ガス業界での専門化や競争力強化が進む中で、工業ガス業界の環境は厳しさを増しております。
 また、東海カーボン(株)はカーボンブラック、黒鉛電極、ファインカーボンなど「カーボン黒鉛材料の製造販売」をコア事業として推進しております。その中で東海産業(株)が行なう「工業ガスの販売事業」はグループ会社としての相乗効果は少なく、またグループ企業として経営を支援し、さらに企業価値を高めていくことが難しい環境になってきていると判断し、今般、この種の事業を専門とする企業への株式譲渡を決意されました。これを受けて、当社は産業ガス地域事業の強化・拡大の一環として、東海カーボン(株)の保有する東海産業(株)の全株式を購入することを決定しました。
 今後、当社が永年に亘り蓄積したノウハウを有効に活用し、東海産業(株)の経営効率の向上と競争力の強化を進めると共に、グループ内での相乗効果をより一層高めていく所存です。

〔2〕 東海産業(株)の概要
(1) 商   号
(2) 代 表 者
(3) 本店所在地
(4) 設立年月日
(5) 主な事業内容
(6) 決 算 期
(7) 従業 員数
(8) 主な事業所
(9) 資 本 金
(10) 発行済株式
(11) 大株主構成



東海産業株式会社
代表取締役社長 宮崎明彦
東京都港区
1961年(昭和36年)11月4日
各種高圧ガスの製造販売及び溶接溶断用機器原材料等の販売
10月
87名
湘南・静岡支店、北関東・埼玉・千葉営業所、茅ヶ崎酸素工場
310,000千円
335,000株
東海カーボン(株)
サカヰ産業(株)
高圧ガス工業(株)
岩谷産業(株)
169,900株
55,000株
49,600株
40,000株
50.7%
16.4%
14.8%
11.9%
(12)最近事業年度における業績の動向
  (百万円)
 
  平成11年10月期 平成12年10月期
売 上 高
経常 利益
当期 利益
総 資 産
4,202
22
14
2,530

4,247
37
10
2,401

〔3〕株式の購入先
(1)商   号
(2)代 表 者
(3)本店所在地
(4)主な事業内容
東海カーボン株式会社
取締役社長 大嶽 史記夫
東京
カーボン黒鉛材料の製造販売

〔4〕購入株式数、および購入前後の所有株式の状況
(1)異動前の所有株式数
(2)購入株式数
(3)異動後の所有株式数
40,000株(所有割合 11.9%)
169,900株(所有割合 50.7%)
209,900株(所有割合 62.6%)

〔5〕購入実施予定日
    平成13年 10月31日

このページのトップへ