岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2006年03月23日(木曜日)

国内最大級の新・液体水素、空気分離ガス製造工場で
世界初の水素ロータリーエンジン車「納車式」開催
国プロ参画を念頭に、大阪地区での運用を検討

 

岩谷産業株式会社


 

岩谷産業株式会社(本社:東京・大阪、社長:牧野明次、資本金:200億円)は、マツダ株式会社(以下マツダ)より水素ロータリーエンジンを搭載したスポーツ車「RX-8ハイドロジェンRE」1台をリース購入する契約を2月10日に締結、本日3月23日に、大阪府堺市のグループ企業「株式会社ハイドロエッジ」で納車式を開催いたしました。


 


 

「RX-8ハイドロジェンRE」は、内燃機関にクリーンな水素燃料を用いる水素エンジン車としては、国内で唯一マツダが実用化したもの※1で、当社が第1号となります。
「RX-8ハイドロジェンRE」は、高圧水素とガソリンのどちらでも走行が可能なデュアルフューエルシステム※2を採用しており、10・15モードによる航続距離は水素使用時が100km、ガソリン使用時が549km。リース料は42万円/月(消費税込)です。

 


 

イワタニグループは水素の取扱いにおいて60余年に及ぶ長い歴史をもち、国内に水素の製造拠点14か所を所有する、水素の国内トップメーカー。自動車運輸分野への水素アプリケーションについては、これまでトヨタ・ホンダをはじめとする主要な自動車メーカー全てに対し、燃料電池車の開発初期より水素ステーションを納入してきた実績を有します。
世界で唯一、ロータリーエンジンによる水素自動車の開発を進めてきたマツダに対しても、当社は水素供給をバックアップし、広島市のマツダ本社敷地内の水素ステーションの建設にも携わるなど、緊密な連携を図ってまいりました。
またこの間、国家プロジェクトにおいても、有明水素ステーションを含めて3か所の水素ステーション建設を担当するなど、燃料電池車をはじめとする水素自動車の普及にインフラ側の立場で関与してきました。

水素自動車の所有については、当社は「HONDA FCX」(2003年7月)、「トヨタFCHV」(2003年8月)の2台の燃料電池車を購入しており、昨年には、型式認証を取得した新型FCX、新型FCHVに更新されています。
今後、本日納車された当水素エンジン車、マツダ「RX-8ハイドロジェンRE」とあわせて、3台の水素自動車を活用していくことになります。
当社では、「RX-8ハイドロジェンRE」を、当初半年ほど広島に一時配備します。その後、来年度より予定されている水素社会構築に向けた国家プロジェクトの実証事業(「水素エネルギー社会実証事業」(仮称))における大阪地区への展開として、関西国際空港内で水素ステーションの運用実験が計画されており、この実験に当社も参画し、空港内の実証走行に「RX-8ハイドロジェンRE」を使用したいと考えております。国内空港での水素エネルギー並びに水素自動車の活用は初めての試みで、環境を重視する空港運営のモデルケースの一助となればと考えております。

また、今回納車式会場となりました当社子会社である㈱ハイドロエッジは、来月4月1日より国内最大の液体水素製造プラント(3,000L/h×2)を営業運転させる予定であり、来たるべき水素エネルギー社会の実現へ向け、水素製造コストの低減や供給インフラの整備に、グループをあげて一層の力を入れていく所存です。

※1 内燃機関に水素燃料を用いる水素エンジン車は、マツダとBMWが開発を進めてきた。水素の化学反応を利用して電気をつくり、その電気でモーターを動かして駆動力を得る燃料電池車とは異なる方向で、水素によるエコカーを実現しています。水素エンジンにロータリーエンジンを採用しているのは、世界の自動車メーカーのなかでも、マツダだけです。

※2 運転席のスイッチの切り替えにより、水素での走行/ガソリンでの走行を選択できるシステム。


 

■「マツダRX-8ハイドロジェンRE」の主要諸元
車両    型式         マツダ     LA-SE3P改
       全長/全幅/全高  4.435mm/1.770mm/1.340mm
       ホイールベース  2,700mm
       車両重量      1,460kg
       乗車定員      4名
エンジン  種類         RENESIS水素ロータリーエンジン
                    (デュアルフューエルシステム)
       型式          13B
       総排気量       0.654L×2
       最高出力       水素    80kW (109PS)
                    ガソリン 154kW (210PS)
       最大トルク      水素   140N・m (14.3kg・m)
                   ガソリン  222N・m (22.6kg・m)
燃料    種類         水素/ガソリン切替式
       燃料タンク      水素    110L / 35MPa (350気圧) 高圧水素ガスタンク
                   ガソリン   61L
性能    航続距離(10・15モード)    水素   100km
                          ガソリン 549km
リース価格            420千円/月(消費税込・30ヶ月間のリース)
 


 


 

このページのトップへ