岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2006年03月08日(水曜日)

ステンレス管継手の安定供給へ、中国で在庫販売を開始
〜現地法人の機能拡充、日系企業の現地調達をサポート〜

岩谷産業株式会社
イノック製造株式会社

イノック製造株式会社(本社:大阪市西淀川区 代表取締役 伊東成芳)、及び同中国子会社、伊諾克(常州)不銹鋼制品(イノックジョウシュウフシュウコウセイヒン)有限公司(本社:江蘇省常州市、総経理 桑島孝志)は、2006年3月8日より長江デルタ地域(上海・江蘇省・浙江省)において在中国日系企業としては初めて、ステンレス管継手類の在庫販売を開始します。


伊諾克(常州)不銹鋼製品有限公司は、ステンレス管継手の専業メーカーのイノック製造株式会社が、岩谷産業株式会社(本社:東京・大阪、社長:牧野明次、資本金:200億円)との合弁で設立、2005年1月に工場竣工、同年2月の生産開始以降、順次新設備を投入して日本向けに順調に出荷を重ね、2006年度は対日輸出で4億円を見込むなど順調に推移しています。

 


当該地域には近年多くの日系企業が進出しており、ステンレス管継手の需要も増大しています。現地では安価で低品質の中国製品は入手可能ですが、高品質な日本製品を必要とする際には、個々の企業が独自で日本から輸入せざるを得ないのが実状となっています。そこで、今般inocブランド商品の中国における在庫・配送体制を整えることで、日系企業の需要にジャストインタイムで応えていくものです。現地生産以外の品揃えについては、日本から輸出在庫することとなります。

伊諾克(常州)不銹鋼制品有限公司内に専用倉庫を設け、今後数百アイテムの製品を取扱っていきます。また伊諾克(常州)不銹鋼制品有限公司は、岩谷産業株式会社の中国における30数社の事業拠点ネットワークや、マーケティング、コンサルティングマネージメントを駆使することで、イノックグループの販売会社であるイノック株式会社(本社:大阪市)と協力して急速に拡大する需要に対応していく考えです。市場・ユーザー開拓を進めて、初年度150百万円の販売を目指します。引続き、今年度中に第2工場・配送センターを建設し、更に生産品目・在庫数量を拡充させていく計画です。
 

【2006年生産・販売見通し】
出荷先   売上(百万円) 生産重量(トン)
日本     400         600
中国     150         300

【イノック製造株式会社の概要】
資本金   :60百万円
代表取締役:伊東 成芳
本 社    :大阪市西淀川区千舟1-2-13
売上高   :4,148百万円(2005年3月)
社員数   :60名
事業概要  :ステンレス製管・継手・フランジ他、製造販売

【伊諾克(常州)不銹鋼制品(イノックジョウシュウフシュウコウセイヒン)有限公司の概要】
資本金   :500万米ドル
総経理   :桑島 孝志
本 社    :中華人民共和国江蘇省常州市新北区科勒路(ニューハイテク産業開発区
         内)
売上高   :400百万円(2006年度見込)
出資比率  :イノック製造90%   岩谷産業10%
社員数   :50名
事業概要  :ステンレス製ねじ込み管継手他、製造販売

 

このページのトップへ