岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2005年12月14日(水曜日)

DMEディーゼルエンジンで画期的な低NOX化を達成
-メガワット級分散発電システムの実用化に大きく前進-
岩谷産業株式会社

JFEエンジニアリング株式会社、ダイハツディーゼル株式会社、岩谷産業株式会社の3社は、かねてより新しいクリーン燃料DME(ジメチルエーテル)を利用したディーゼルエンジン発電システムの開発に取り組んできましたが、このたび世界最大規模の実証試験設備において、画期的な排ガスの低NOX(窒素酸化物)化を達成しました。



今回のDMEディーゼル実証試験設備は、世界的にも例を見ない1250 kWという大容量のもので、昨年10月から神奈川県横浜市にあるJFEエンジニアリング鶴見事業所内で試験運転を開始しておりました。今般、排ガス再循環装置を追設して最適な運転条件を追求した結果、エンジン出口排ガスNOX濃度30ppm(13%O2基準)を達成しました。これは、東京、大阪、さらには国内で最も厳しい横浜市の排ガス規制を脱硝装置なしでクリアするもので、業界最高水準のガスエンジンやガスタービンをも凌ぐ画期的な性能といえます。


ディーゼルエンジンは、他の機関に比べ設備費が安価で熱効率が高いことから分散型発電設備として広く普及していますが、従来の重油や軽油燃料では排ガス中のNOX、ばいじん濃度が高いため、都市部においては新規導入が厳しく規制されていました。今回燃料にDMEを用いることで、従来と同等の熱効率を維持しつつ、有害物質の排出を大幅に低減できることが実証されました。

DMEは、天然ガス、石炭、バイオマスなどから合成可能な液化ガスであり、燃焼時にばいじんやSOX(硫黄酸化物)を発生しないクリーンな燃料として、低コスト製造法の開発が進められています。

本開発は、1000〜5000kWの大規模なディーゼルエンジン発電システムの実用化を目指し、経済産業省「DME燃料利用機器開発費補助事業」として2002年度より5ヶ年計画で実施しているもので、ダイハツディーゼルがエンジン本体の設計製作を、JFEエンジニアリングがプラント全体のエンジニアリングを、岩谷産業がDME燃料のハンドリングを担当しています。
これからも3社は、環境に優しい分散発電設備として、DMEディーゼルエンジン発電システムの更なる性能向上と早期実用化に取り組んでまいります。



●本件に関するお問い合わせは下記にお願い致します。

JFEエンジニアリング株式会社 総務部(広報担当)   TEL:03-3217-2138
ダイハツディーゼル株式会社 管理部 総務グループ   TEL:06-6454-2331
岩谷産業株式会社 広報・社会関連部            TEL:03-5405-5851

このページのトップへ