岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2005年10月12日(水曜日)

一家の夕食は浜木綿子さんの放ったダーツに託された!・・・
運命の「鍋ダーツ」で、今夜はエビワンタン豆乳鍋
〜 イワタニカセットガスの新CM 10月17日より全国ON AIR〜
岩谷産業株式会社

岩谷産業株式会社(本社:大阪・東京、社長:牧野明次、資本金:200億円)は、10月17日(月)より全国でイワタニカセットガスの新テレビコマーシャル「運命の鍋ダーツ」篇の放映を開始します。
今年もそろそろお鍋が美味しい季節。そしてお鍋といえば、欠かせないのがカセットガス。イワタニカセットガスは昭和44年発売以来、常に販売数量No.1のカセットガスとしてお客さまの支持を頂いています。「カセットガスといえばイワタニ」を認知していただける、楽しいCMをご期待ください。


●女優 浜 木綿子さんが鍋の仕掛人役で熱演! 
女優浜木綿子さん演じる「鍋の仕掛人」が放ったダーツで、一家の夕食が決まる。目指すは大当たりの『エビワンタン豆乳鍋』という設定。

突然、GAS印の蛇の目傘を持った「鍋の仕掛人」が登場し、ダーツを袂から取り出す。  相手は今夜の夕食を決める巨大なルーレット。対決を、息を飲みながら見守る家族〜という緊張感のあるシーンで始まるこのCM。ルーレットには、食事抜き、めざし、食パン、キャベツからエビワンタン豆乳鍋まで6種類のメニューがあり、一家の夕食は、全て浜さん扮する、「鍋の仕掛人」の手にかかっています。そして仕掛人の気合の入った一投が見事エビワンタン豆乳鍋を射とめ、緊張の場面から一転して、サンバのリズムに乗った楽しく、そして美味しい鍋を囲んだ食卓へと早代わり。最後は浜さんの優しい笑顔で締めくくられます。  シリアスかつコミカルで温かみのあるCMとなっています。

時代劇には何度も出演している浜さんですが、仕掛人の役はなんと今回が初挑戦。絵コンテを見た時、普通の仕掛人と違い、家族に幸せをもたらすキューピッド的なおしゃれな仕掛人になろうと、衣装もあえて華やかな着物を選ばれたとの事。おしゃれな仕掛人も、さすがにルーレットを睨みつけるシーンでは、いつもの舞台の迫力で、スタジオが緊張感に包まれました。


●1年で1人1本消費するカセットガス
日本全国で1年間に消費されるカセットガスは、約1億2千万本にものぼります。岩谷産業では、カセットガスの使用できる商品をカセットこんろにとどまらず、ホットプレートやヒーター、ランタンなど様々な種類を発売しています。イワタニカセットガスがあれば、楽しい生活が広がります。

【撮影秘話】
■ ピタッと止まる‥逆回転の秘技2回?
浜木綿子さんがさしている蛇の目傘の回転が止まると、傘に書かれたGASの文字がピタッと正面に‥というシーン。何でもない普通のシーンに見えますが、回転している傘を、GASの文字が一番見やすい位置に寸分の狂いもなくピッタリ止めるのは大変な技術。タネ明かしをすると、実は、GASの文字を正面にした位置から傘を逆回転にまわして撮影。これを逆回転で再生すると、GASの文字が正面に来たところでピタッと止まったように見えるのです。
実はこの技、ルーレットにダーツが突き刺さって止まるシーンでも使われています。まさに逆回転の秘技なのです。

■ 今年も豆乳鍋が人気No1!
今回、「鍋」仕掛人によって、食べることが出来たエビワンタン豆乳鍋。昨年からヘルシーフードとして、流行っている豆乳鍋ですが、今年も寄せ鍋、石狩鍋など数ある鍋メニューを抑えて人気No1に挙げられています。今回は、豆乳鍋でもイワタニオリジナルのエビワンタン豆乳鍋を起用しました。撮影終了後には、スタッフ全員でエビワンタン豆乳鍋を試食、撮影の疲れが一気に吹き飛びました。是非皆さんのご家庭でもお試し下さい。

【資料】
●浜 木綿子さんのプロフィール
昨年、舞台生活50周年を迎える。
座長を務め、観客を動員できる数少ない実力派の女優として高い評価を得ている。
本年12月2日〜24日は、帝劇で「喜劇・大吉夢家族」を座長公演。ドラマティックな人生を生きる舞踏家の大道寺華子を主役として演じる。

1953年 宝塚歌劇団入団
1961年 宝塚歌劇団退団後、女優に
      『悲しき玩具』の芸者小奴で、芸術祭奨励賞。
1973年 『湯葉』でゴールデンアロー賞
1989年 『人生ガタゴト列車に乗って・・・』で菊地一夫演劇大賞受賞
2000年 紫綬褒章授章


このページのトップへ