岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2005年06月01日(水曜日)

ステンレス管継手類の製造・販売会社
「伊諾克(常州)不銹鋼制品有限公司」が開業式を開催
生産を開始、日本・中国・欧米への拡販を図る
岩谷産業株式会社

岩谷産業株式会社(本社:大阪・東京、社長:牧野明次、資本金:200億円)と、イノック製造株式会社(本社:大阪市、社長:伊東成芳、資本金:6000万円)が設立した合弁会社  
『伊諾克(常州)不銹鋼制品有限公司』(イノックジョウシュウフシュウコウ)が、5月19日、中国 江蘇省常州市の同社工場及び同市シャングリラホテルにて開業式並びに披露パーティを開催しました。



当日は、常州市 王 正平副市長はじめ中国国内外の関係者約100名に出席いただきました。開業式で常州国家高新技術産業開発区 戴 曉文副主任は、ご当地常州市で産み出されたイノック製品が世界中の皆さんに広く愛されることを祈念すると挨拶され、岩谷産業(株)檀原 雅常務は同工場製品の中国、欧米での拡販を全力で進めていく決意を表明しました。また、同社董事長でありイノック製造(株)社長の伊東成芳社長は、品質・コストにおいて世界No.1の工場を目指し、お客様の期待に応えていくことを力強く宣言しました。
テープカットの後、関係者に向け工場見学会が催され、最新鋭の日本製専用工作機によるねじ込みソケットの生産ラインや環境に配慮した高PHアルカリ温水洗浄設備、そして排水浄化装置の紹介が行われました。



「伊諾克(常州)不銹鋼制品有限公司」は、金属分野では特殊鋼に特化した商社ビジネスに強みを持つ岩谷産業(株)とステンレスフランジ及び管継手製造最大手のイノック製造(株)が、ステンレス管継手類の製造・販売を目的として2004年2月に設立したもので、今年2月に第一期工事が竣工、4月から生産を開始しています。同社敷地面積は約20,000㎡、工場建屋面積は2,448㎡、付帯建物400㎡で、天井クレーン(3トン)2基と半門クレーン(0.5トン)1基を備えています。

現在同社では、ねじ込みソケット製品の生産を2直体制で開始していますが、6月には新設備を導入してニップル製品の生産開始を予定、引き続き各種継手類の加工・耐圧検査ラインも設け、第二期工場の建設に早期着工する計画です。売上高は2005年に2億円、3年後には6億円を見込んでいます。岩谷産業(株)マテリアル本部では、単なる特殊鋼分野の素材供給商社としての機能から、素材への付加価値を高めたアドバンストマテリアルへの志向を強めており、海外での合弁に対しても積極的に取り組んでいます。

■伊諾克(常州)不銹鋼制品有限公司(イノックジョウシュウフシュウコウ)
 (英文社名 Inoc (Changzhou) Stainless Steel Products Co., Ltd.)

設   立  2004年2月6日
所 在 地  中華人民共和国江蘇省常州市ニューハイテク産業開発区内
仮事務所  中華人民共和国江蘇省常州市新北区科靭路
        電話 86-519-592-2990
資 本 金  500万米ドル(約5億4千万円)  
出資比率  イノック製造 90%  岩谷産業 10%
役員構成  イノック製造 4名   岩谷産業 1名
        董事長           伊東成芳 (イノック製造代表取締役・非常勤)
        副董事長兼総経理  桑島孝志 (イノック製造本部長・常勤)
        董 事          新谷貞明 (岩谷産業金属部部長・非常勤)
                      伊東兼慈 (イノック製造専務取締役・非常勤)
                      伊東一成 (イノック製造常務取締役・非常勤)
従 業 員    33名

このページのトップへ