岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2004年12月09日(木曜日)

中国・華東地区江蘇省に
スリット事業を中心とする機能性フィルム加工会社
「蘇州艾思尓(アイエスアール)電子薄膜有限公司」を設立
岩谷産業株式会社

岩谷産業株式会社(本社:大阪・東京、社長:牧野明次、資本金:200億円)は、MSR株式会社(本社:大阪、社長:北田博樹、資本金2,000万円)と合弁で、江蘇省大倉市城相工業園に、携帯電話の液晶部分に使用される光学フィルムなどをクリーンルーム内で、スリット加工する会社「蘇州艾思尓電子薄膜有限公司」を本年9月10日に設立しました。
資本金は1億3,300万円、岩谷(中国)会社が80%、MSR社が20%を出資し、董事長には白川博司(岩谷産業・マテリアル本部副本部長)、総経理には古沢茂樹(岩谷産業・合成樹脂部員)が就任しました。

携帯電話やその他の電子機器に組み込まれる液晶周りには、様々な機能を持った樹脂フィルムが使用されています。在庫機能と加工機能を持ち、成長するこの分野でのサプライチェーンマネージメントの一翼を担う予定です。現在、クラス1万のクリーンルームや設備の据付を行っており、来年1月稼動を目指しています。 初年度売上4億円、3年後8億円を目標にしています。

中国華東地区は上海、蘇州、無錫などの大きな工業団地を有し、日系を初めとした電子機器のセットメーカーや部品、部材メーカーが数多く進出しております。江蘇省大倉市はこれらの地区の中間点に位置し、ユーザーへのアクセスも良く投資環境に恵まれています。また、城相工業園にはステンレス材料並びに非鉄材料の超精密スリットを行う「蘇州岩谷金属製品有限公司」が2年前に稼動しており、今回フィルムスリット事業を加えることで同地区での総合加工拠点を目指しています。

当社合成樹脂部は、3年前より従来の樹脂原料並びに製品の仲介ビジネスでは、成長は望めないとの観点から、事業構造の改革をすすめ、不採算ビジネスからの撤退、子会社への商権譲渡などで集中と選択を図り、中国を重要拠点と位置付け、電子関連材料や新材料、医療・医薬関連のビジネスを開発してきました。
特に中国においては、進出する日系企業の周辺での、ニッチなサービスを事業化してきました。1996年に華南地区で液晶モジュールやバックライトユニットなどを搬送するトレーの製造事業を開始しましたが、1999年には上海、本年は蘇州での工場稼動と順次拡大成長してきています。
本事業はこれに続くもので、同じフィールドでの人脈、経験を生かしオーガナイズ機能を発揮し垂直立ち上げを目指しています。

【「蘇州艾思尓(アイエスアール)電子薄膜有限公司」の概要】

英 文 名    Suzhou ISR e-Films Co., Ltd.
所 在 地    江蘇省大倉市城相工業園
董 事 長    白川博司(しらかわ ひろし)(当社マテリアル本部副本部長)
総 経 理    古沢茂樹(ふるさわ しげき)(当社合成樹脂部員)
設   立    2004年9月10日
稼動予定   2005年1月
資 本 金    1億3,300万円
従業員数   16名(駐在員2名、現地採用14名)
主要事業   プラスチック材料の加工及び販売
売上目標   初年度4億円、3年後8億円


【MSR株式会社の概要】

会 社 名    MSR株式会社 (旧社名松原スリッター(株)、2003年社名変更)
所 在 地    大阪府松原市天美東7-1-14
業   種    機能性フィルム精密スリット加工
代 表 者    北田博樹(きただ ひろき)
創   業    1973年
資 本 金    2,000万円
売 上 高    3億円 (加工費収入)
従 業 員    20名

このページのトップへ