岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2004年09月10日(金曜日)

東名・名神(東京〜大阪)を燃料電池自動車で走破
日本初、水素時代の幕開けに先駆け長距離・高速走行を実施
-9月15日、東京都庁から大阪府庁へ-

この度、おおさかFCV推進会議では、当会議メンバーの岩谷産業(株)との共催により、燃料電池自動車及び水素インフラの普及促進に向けて、下記により燃料電池自動車によるわが国初の長距離(東京〜大阪間)高速走行(往復)を実施します。
また、9月15日(東京⇒大阪の往路)は、午後5時頃に府庁本館正面玄関において、大阪府知事及び当推進会議など関係者によって東京から到着する燃料電池自動車の出迎式を行いますので、併せてお知らせします。(大阪府庁への到着時刻は交通事情によって変動しますので、当日の16時以降に電話等で「おおさかFCV推進会議事務局」に照会いただければ幸いです。)
なお、当日は東京都石原知事より大阪府太田知事あてのメッセージが乗員に託されるとともに、大阪⇒東京の帰路(21日)についても、大阪府知事より東京都知事あての返礼のメッセージが託されることになっています。

【背景】
燃料電池自動車(Fuel Cell Vehicle)は究極のエコカーとして、技術開発とともに広く普及することが期待されています。現在、首都圏を中心に国のプロジェクトとして、燃料電池自動車や水素ステーションの実証試験を行われています。おおさかFCV推進会議においても、国のプロジェクトと連動しながら、自主的な取り組みを進めており、昨年10月に大阪府庁内に移動式水素ステーションを設置するとともに、大阪市此花区に所在する国(NEDO)の「大阪水素ステーション」を活用して、燃料電池自動車や水素インフラの普及促進に努めています。今回の計画もその一環として実施するものです。

 

1.目的 : 燃料電池自動車・バスの普及促進に向け、地域(東京・大阪)の取り組みを国民に広くアピールするとともに、ユーザーとしての見地から長距離・高速走行における燃料電池自動車の運転・使用感を得る。
     
2.実施日 : (東京⇒大阪) 平成16年9月15日(水)
(大阪⇒東京) 平成16年9月21日(火)
     
3.走行区間 : 東京都庁〜大阪府庁間(往復)、往復とも東名・名神高速道路を利用
     
4.主催 : おおさかFCV推進会議/岩谷産業(株)
     
5.協力 : 経済産業省、国土交通省、日本道路公団、東京都、大阪府、大阪ガス(株)
     
6.使用自動車 : ●トヨタ自動車(株)製 「トヨタFCHV」
●本田技研工業(株)製 「ホンダFCX」
    上記の燃料電池自動車各1台を往復とも同時に走行します。また、移動式水素ステーション1基を搭載した岩谷産業(株)の専用キャリアカーが同時に併走します。
*乗員は、おおさかFCV推進会議及び岩谷産業(株)で構成
     
7.水素充填 : 燃料電池自動車の走行に必要な水素の充填については、日本道路公団のご協力により、東名・名神高速道路数か所(同公団管理用地)にて岩谷産業(株)の移動式水素ステーションにより行います。
       
8.スケジュール :    
       
 9月15日(水)   6:00 東京都庁(東京都新宿区西新宿)第一本庁舎正面玄関前を出発
 同日   17:00頃 大阪府庁(大阪市中央区大手前)本館正面玄関前に到着
    【出迎式】 *交通事情により時間変動の可能性があります
       
 9月17日〜19日     東京〜大阪間を走行した燃料電池自動車2台は、燃料電池自動車と移動式水素ステーションと同時に搭載できる専用キャリアカーとともに、大阪市住之江区のATC(アジア太平洋トレードセンター)で開催される「低公害車フェア2004inおおさか」に出展。燃料電池自動車の試乗会も実施されます。
*期間中は、「大阪水素ステーション」(大阪市此花区酉島)にて水素を充填。

 
 9月21日(火)   6:00 大阪府庁(「府庁移動式水素ステーション」)を出発
 同日   17:00頃 東京都庁(第二本庁舎正面玄関前)到着
*交通事情により時間変動の可能性があります

■おおさかFCV推進会議

◇設立日 平成15年9月17日
   
◇設立趣旨 新たなクリーンエネルギーとして広く普及することが期待されている燃料電池については、現在、国のプロジェクトとして、(1)水素ステーションの実証研究等、(2)燃料電池自動車の実証研究、(3)定置用燃料電池の実証研究、及びこれらの実用化に向けた基盤整備事業が東京圏を中心に行われている。
今後、大阪圏においても国のプロジェクトの成果を踏まえつつ、次世代を見据え、燃料電池の本格的な導入促進を目指していくことが重要である。
このため、大阪圏においては、まず都市再生と自動車環境対策の面から前述の(1)及び(2)の分野について、一般住民や事業者等への普及啓発活動をはじめ、国のプロジェクトの推進に対する提案・協力をしていく推進母体として、関係者で構成する「おおさかFCV推進会議」を設立する。
   
◇構成団体
(平成16年6月1日現在)
11団体
経済産業省近畿経済産業局、国土交通省近畿運輸局、大阪府、大阪市、岩谷産業㈱、大阪ガス㈱、関西電力㈱、ダイハツ工業㈱、(財)都市交通問題調査会、日立造船㈱、松下電器産業㈱
   
◇会長 草川大造(大阪府環境農林水産部長)
   
◇事務局 大阪府環境農林水産部循環型社会推進室環境管理課
新エネルギー推進グループ
電話 06-6941-0351 内線3822

《おおさかFCV推進会議のホームページ》
http://www.epcc.pref.osaka.jp/kanri/fcv/top.html
このページのトップへ