岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2004年07月22日(木曜日)

中国四川省・成都市に電子材料用高純度バリウム塩の製造・販売会社として
「日化(成都)電材有限公司」を設立
岩谷産業株式会社

岩谷産業株式会社(本社:東京・大阪、社長:牧野明次、資本金:200億円)は、日本化学工業株式会社(本社:東京、社長:棚橋純一、資本金 :57億円)と中国のバリウム塩メーカーと合弁で、中国四川省・成都市に電子材料用高純度バリウム塩の製造・販売を目的とする「日化(成都)電材有限公司」を6月10日設立いたしました。

新会社の資本金は1,750万人民元(約2.5億円)で出資比率は岩谷産業(株)約30%、日本化学工業(株)約51%、中国バリウム塩メーカー約19%です。 董事長には日本化学工業の長田功常務執行役員が、副董事長には当社の檀原雅常務取締役が就任いたしました。
今後工場を建設し、操業開始は2005年3月。 初年度は年間約1,000トンの生産、2億円の売上を目指します。

新会社が製造する高純度バリウム塩は、積層セラミックコンデンサーに多く使われており、当面は日本への輸出をします。 一方、携帯電話やデジタル家電等の電子部品に使われる市場が拡大しており、 また、その発展速度は速く同時に客先が中国へ移転するケースも増加しています。今後、この事業拠点を核として将来的にグローバルなシェア拡大も目指しています。

■「日化(成都)電材有限公司」の概要■ 
 英文社名   NIKKA(CHENG DU)ELECTRONIC MATERIALS CO., LTD.
 所 在 地    中国四川省成都市
 設   立    2004年6月10日
 資 本 金    1,750万人民元(約2.5億円、設立当初)
 主要事業   電子材料用高純度バリウム塩の製造・販売
 従 業 員    25名(操業開始時)


■「日本化学工業株式会社」の概要■
 英文社名   NIPPON CHEMICAL INDUSTRIAL CO., LTD. 
 所 在 地    東京都江東区亀戸9-11-1
 代 表 者    棚橋 純一(代表取締役兼代表執行役員社長)
 設   立    1915年
 資 本 金    57億57百万円
 従 業 員    730名
 主要事業   燐製品、珪酸塩、バリウム塩、クロム塩の無機化学品の製造

■「岩谷産業株式会社」の概要■
 英文社名   IWATANI INTERNATIONAL CORPORATION
 所 在 地    東京都港区西新橋3-21-8(東京本社)
 代 表 者    牧野 明次
 設   立    1945年
 資 本 金    200億円96百万円
 従 業 員    1,460名
 主要事業   LPガスを中心とするエネルギー事業、創業以来の産業ガス事業を基幹と  
           し、化学品・セラミックス、金属、食品、機械・溶材、情報・電子などの分野        
          での事業
 中国での事業展開
          岩谷産業は1962年に中国政府から「友好商社」の認定を受け、1989年に中      
          国で最初の合弁事業設立以降、上記主要事業分野別に事業展開を行い、
          現在34ケ所の拠点を持っております。 最近の特長としては、当社のマテリ
          アル本部が所管するセラミックス、金属、合成樹脂分野における企業設立
          や事業拡大が増加しており、中国に進出した日系企業部品メーカーを
          中心に、客先に密着した展開を図っています。 又、中国を一元管理する岩
          谷(中国)有限公司を核として、北京駐在員事務所及び大連、上海及び広
          州には貿易会社としての販売ネットワークを構築しています。

このページのトップへ