岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2004年06月22日(火曜日)

ステンレス管継手類の製造・販売合弁会社
「伊諾克(常州)不銹鋼制品有限公司」を中国・常州市に設立
日本・中国・欧米市場向けに供給を図る
岩谷産業株式会社

  岩谷産業株式会社(本社:東京・大阪、社長:牧野明次、資本金:200億円)とイノック製造株式会社(本社:大阪市、社長:伊東成芳、資本金:6000万円)は、このほど中華人民共和国江蘇省常州市に、ステンレス管継手類の製造・販売を目的とする合弁会社の設立に調印し、着工の手はずとなりました。

  合弁会社名は『伊諾克(常州)不銹鋼制品有限公司』(イノックジョウシュウフシュウコウ)。資本金は500万米ドル(約5億6千万円)で、出資比率はイノック製造90%、岩谷産業10%。董事長にはイノック製造の伊東成芳代表取締役が就任しました。
 『伊諾克(常州)不銹鋼制品有限公司』は、ステンレスフランジおよび管継手の日本・中国国内・欧米向け製造・販売を行います。近く常州市ニューハイテク産業開発区内で第1期工場建設に着手、2004年中の完成、2005年1月の稼働をめざします。

  イノック製造はステンレスフランジおよび管継手の国内トップシエアを有するスペシャリティー企業であり、一方、岩谷産業は金属分野では特殊鋼に特化した商社ビジネスに強みを持つと同時に、中国・東南アジア地域における幅広い事業ネットワークを有しています。
 両社の経営資源を活用して中国に生産・販売拠点をつくることにより、加工コストから間接コスト・物流コストまでトータルなコストダウンを図り、日本向けはもとより、旺盛な中国・華東地域での日系企業からの需要に対応するとともに、欧米等にも供給拡大を図ります。
  新合弁会社の売上高は生産開始の2005年に2億円、3年後6億円を見込んでいます。


【イノック製造株式会社】
 本  社 :大阪市西淀川区千舟1-2-13
 代表者 :伊東 成芳
 設  立 :1959年3月
 資本金 :6,000万円

【岩谷産業株式会社】
 本  社 :大阪市中央区本町3丁目4番8号(大阪本社)
 代表者 :牧野 明次
 設  立 :1945年5月
 資本金 :200億96百万円

■合弁会社の概要
社   名  伊諾克(常州)不銹鋼制品有限公司(イノックジョウシュウフシュウコウ)
        (英文社名 Inoc (Changzhou) Stainless Steel Products Co., Ltd.)
設   立  2004年2月6日
所 在 地  中華人民共和国江蘇省常州市ニューハイテク産業開発区内
        敷地面積20,000m2  第1期建屋 3,000m2  完成建屋面積 約8,500m2
仮事務所  中華人民共和国江蘇省常州市通江中路500号金陵江南大飯店917号
        電話 86-519-515-2822
資 本 金  500万米ドル(約5億6千万円)  
出資比率  イノック製造90%  岩谷産業10%
役員構成  イノック製造4名  岩谷産業1名
        董事長           伊東成芳 (イノック製造代表取締役・非常勤)
        副董事長兼総経理  桑島孝志 (イノック製造本部長・常勤)
        董 事          新谷貞明 (岩谷産業金属部部長・非常勤)
                      伊東兼慈 (イノック製造専務取締役・非常勤)
                      伊東一成 (イノック製造常務取締役・非常勤)
従 業 員    50名(スタート時)
生産開始   2005年1月   

■江蘇省常州市について
  江蘇省の南部、長江デルタ地帯に位置する常州市は、上海から160km、南京から100kmの好立地にある新興工業都市として急速な発展を遂げています。新会社所在地のニューハイテク産業開発区は、輸出産業の発展を目的に1992年に中国国務院により設立認可された国家クラスの産業開発区で、充実したインフラを持ち、免税(2免3減)等各種優遇措置を受けられます。ブリヂストン、日立、コマツ、富士通等、日本からの大手進出企業を含め外資系企業約500社が進出しています。
  新会社の近くに北京〜上海を結ぶ新幹線(仮称)の常州駅が建設される予定で、今後さらなる発展が期待されます。

■イノック製造の事業概要
  石油化学・産業機械・電力プラント・造船・医薬品・食品・車両・住宅・上下水道などあらゆる分野の設備に欠かせないステンレスフランジと管継手のスペシャリティー企業として、45年の歴史と業界トップシェアを有しています。今回の中国合弁会社設立後も既存の篠山工場(兵庫県)、多治見工場(岐阜県)の生産量は維持し、新工場ではマーケットの拡大、需要の増加への対応を図る予定です。

■岩谷産業の金属事業および中国への取り組み
  商社としての金属事業への取り組みのなかでも、とりわけステンレス、輸入加工品など特殊鋼分野については強みを有しています。
  また、中国においてはこれまでに、LPガスや産業ガス事業を中心に33社の事業会社設立の経験を持っています。現在は中国を一元的に統括・管理する100%出資の岩谷中国会社(北京)を中核にし、北京駐在員事務所、大連岩谷貿易会社、上海岩谷会社、広州岩谷貿易会社、香港岩谷会社の1駐事4現地法人の販売機能拠点を設置しており、これらを通じてステンレス管継手およびフランジの中国国内市場開拓を進めると同時に、日本・アジア・欧米向けの供給拡大を図ります。

このページのトップへ