岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2017年03月21日(火曜日)

伝統的な京野菜の冷凍加工工場が完成
独自の冷凍技術「フレッシュ・アイ製法(※1)」を生かす

 

岩谷産業株式会社(本社:大阪・東京、社長:野村雅男、資本金:200億円、以下:岩谷産業)は、2015年12月に農業生産法人「こと京都株式会社」(以下:こと京都)との共同出資による「こと京野菜株式会社」(以下:こと京野菜)を設立いたしましたが、このたび、同社の亀岡工場(京都府亀岡市)が3月21日に完成いたしました。
九条ネギを始めとする京都府内で栽培した伝統的な京野菜を冷凍加工して、4月より順次出荷開始してまいります。

亀岡工場では、こと京都や京都府内のJAなどが生産した京野菜を、岩谷産業が有する独自の冷凍技術「フレッシュ・アイ製法」を用いて、冷凍加工します。こと京野菜は、農林漁業者であること京都と、パートナー企業である岩谷産業による共同出資で設立された6次産業化(※2)事業体です。

まずは九条ネギの冷凍加工を中心に、こと京都、岩谷産業両社の販路を活用して国内の大手外食チェーン、スーパーなどの市販ルートをターゲットとして販売いたします。
今後は、万願寺とうがらし、伏見とうがらし、賀茂茄子、丹波黒枝豆、聖護院大根、堀川ごぼう、金時人参など、その季節でしか味わえない京野菜を一年間通じて出荷できるよう、冷凍京野菜を製造してまいります。

岩谷産業は1974年より冷凍食品事業に参入しています。自社ブランド「フーズランド」では約300品目の冷凍野菜・水産加工品・畜肉加工品の輸入販売を行っています。2002年に開発した冷凍野菜の鮮度、おいしさ、栄養価を保持する「フレッシュ・アイ製法」を用いた高品質な冷凍野菜は、大手外食チェーン、惣菜加工会社などから高い評価を受けています。

ブランド力のある京野菜をいつでもおいしく食べられるという高付加価値を武器に販売戦略を進めます。地元の京都府内で採れた京野菜を使い、地域農業の活性化に貢献したいと考えています。今後は、海外にも「メイド・イン・ジャパン商材」として展開してまいります。
 

 

※1 「フレッシュ・アイ製法」とは、2002年に岩谷産業が開発した冷凍野菜の鮮度、おいしさ、栄養価を保持する独自製法です。原料の水分、栄養バランスを保つ処理を行うことで、野菜本来の風味、食感を生かして加工処理、凍結を行います。
※2 「6次産業化」とは、地域ごとの資源を生かして、農林漁業者が1次産業(生産)・2次産業(加工)・3次産業(流通・販売)を一体化することや、1次産業・2次産業・3次産業が連携して新しいビジネスの展開や営業形態をつくり出すことです。

 

こと京野菜亀岡工場 冷凍加工を行う九条ネギの畑

 

【事業スキーム】

 

 

 

このページのトップへ