岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2016年04月07日(木曜日)

東北地方初の水素ステーションを仙台市に建設
2016年度中の完成を目指す

 

岩谷産業株式会社(本社:大阪・東京、社長:野村雅男、資本金:200億円)は、水素社会の早期実現に向けて商用水素ステーションの整備に取り組んでおりますが、このたび、東北地方初となる「イワタニ水素ステーション 仙台」の建設を決定し本日、宮城県庁において、建設に係る協定締結式を実施し、村井嘉浩 宮城県知事と野村雅男 当社代表取締役社長の間で調印が執り行われました。

 

宮城県は、「みやぎ水素エネルギー利活用推進ビジョン」を核に水素エネルギーの利活用に向けたさまざまな取り組みを進めており、「東北における水素社会先駆けの地」を目指しています。
これは水素エネルギー社会の早期実現を目指す当社の事業方向性と合致することから同取り組みに賛同し、建設を決定いたしました。今後は、国の支援に加えて、宮城県からの建設費補助および県有地提供などの支援をもとに建設を進め、2016年度中の完成を目指します。
宮城県は首都圏と東北全域をつなぐ要所であることから、同ステーションは宮城県内のFCVユーザーに加え、すでに水素ステーションが開所しているエリアから東北エリアへの移動の充填拠点として多くの方にご利用いただくことを想定しております。

 

同水素ステーションは液化水素によるオフサイト供給方式を採用し、燃料となる水素は千葉県市原市にある岩谷瓦斯㈱千葉工場の液化水素製造プラントからローリーにて輸送いたします。 

 

当社は2014年7月以降、主として四大都市圏を中心に商用水素ステーションの整備を進めてまいりました。今後は、今回のように、自治体や地域の有力企業などと共同で整備を進め、これまで「点」であったステーション整備を「線」につなげてゆくことで、FCVの早期普及および利用者の利便性向上に貢献してまいります。

 

「イワタニ水素ステーション 仙台」の概要

名   称 イワタニ水素ステーション 仙台
所  在  地 宮城県仙台市宮城野区幸町4丁目7-1
敷地面積 約1,400㎡(予定)
水素供給 液化水素オフサイト供給
供給能力 燃料電池自動車:300N m3/h (1時間当たりFCV6台の満充填が可能)
充填圧力 70MPa(メガパスカル)(約700気圧)
設備構成 液化水素貯槽、ドイツ・Linde社製水素圧縮機、蓄圧設備、ディスペンサーなど

 

 

「イワタニ水素ステーション 仙台」完成予想図

 

  > 「イワタニ水素ステーション 仙台」完成予定パース図の画像ダウンロードはこちら

 

このページのトップへ