岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2015年11月30日(月曜日)

福岡市内初の商用移動式水素ステーションが完成
福岡県庁を拠点に福岡市内での水素供給を担う

 

岩谷産業株式会社(本社:大阪・東京、社長:野村雅男、資本金:200億円)は、四大都市圏を中心に水素ステーションの整備に取り組んでおりますが、このたび、福岡県庁舎敷地内に福岡市内初となる商用移動式水素ステーション「イワタニ水素ステーション 福岡県庁」が完成いたしました。本ステーションは、福岡県庁が実施する移動式水素ステーション運用事業のもと商用運用されるものであり、福岡県庁を拠点に燃料電池自動車への水素充填を行います。本ステーションの概要は以下の通りです。

 

 

名       称 : イワタニ水素ステーション 福岡県庁
所  在  地 : 福岡市博多区東公園7番7号
水素供給 : 圧縮水素オフサイト供給
供給能力 : 100Nm3/h (1時間あたり2台の満充填が可能)
充填圧力 : 70MPa (メガパスカル) <=700気圧>
設備構成 : 水素圧縮機、蓄圧器、ディスペンサーなど
営業時間 :

月曜日/12時~16時

火曜日~金曜日/10時~16時(ただし、金曜日は15時まで)

※祝日・年末年始を除く

(月曜日が祝日の週は、火曜日の営業時間が12時~16時となります)

 

 

「イワタニ水素ステーション 福岡県庁」では、圧縮水素を利用し、ステーション内のコンプレッサーにて昇圧し、高圧水素ディスペンサーにて水素ステーションの蓄圧器と燃料電池自動車の車載容器との差圧を利用して充填を行います。

 

 

 

当社では、2015年度末までに水素ステーションを20ヵ所建設する計画のもと、既に首都圏、中部圏、近畿圏、中国、九州に10ヵ所開設(定置式:6ヵ所、移動式:4ヵ所(※))しており、今回のステーションの完成で11ヵ所目の開所になります。
今後も、水素エネルギー社会の早期実現を目指し、水素ステーションの建設に加え、水素の安定供給に努めてまいります。
※4ヵ所の移動式水素ステーションは、豊田通商㈱と大陽日酸㈱、当社の3社が共同出資し設立した「合同会社日本移動式水素ステーションサービス」が開所したステーションです。現在開所している5ヵ所のうち4ヵ所の運営を当社が行っています。

 

 

 

 

このページのトップへ