岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2015年09月30日(水曜日)

丹東岩谷東洋燃気表有限公司の合弁契約更新に合意
~高まる保安ニーズに取り組み、長年にわたる信頼関係を基にさらなる成長へ~

 

岩谷産業株式会社(本社:大阪・東京、社長:野村雅男、資本金:200億円)は、中国・遼寧省丹東市に1995年に設立した合弁企業「丹東岩谷東洋燃気表有限公司」(略称:DIT)が本年12月に契約期限満了を迎えるに当たり、さらに20年の合弁契約更新に合意し、9月15日に「合弁20周年式典」および「契約更新の調印式」を執り行いました。

DITは家庭用・業務用アルミダイキャスト型ガスメーター製造会社(LPガス用、天然ガス用)で、中国での配管供給によるガスの急速な普及を受けて、ガスメーター製造中国最大手の丹東東発集団股份有限公司(本社:中華人民共和国遼寧省丹東市、総経理:柳忠安)および東洋ガスメーター株式会社(本社:富山県射水市、社長:水越靖)と当社の3社で設立した合弁企業です。
パナソニック株式会社の全面協力のもとで開発し、2012年より発売した中国初となる保安機能付き「マイコンガスメーター」は、現在、DITにおける主力の製品であり、去る7月から施行されている家庭用保安メーター新基準へも適合を終えていることから、中国大手ガス会社から強い関心を集めています。日本国内製品の保安機能に加えて、さらに中国の生活スタイルに合わせた4つの特徴的な機能を搭載したこのガスメーターは、今後中国全土、特に安全への意識の高い都市(上海市、北京市など)を中心に3年後に30万台、5年後に50万台の販売を目指すものです。

近年、住宅環境が著しく向上している反面、密閉度の高まりなどを背景にガス事故が増加している中国では、ガスの安全な使用は政府の最優先課題となっています。これからの20年に向けて、岩谷産業が日本で蓄積してきたガスの取り扱いに係るノウハウを最大限生かし、3社共同で中国における保安メータービジネスの拡充を図り、さらなる事業拡大と中国社会の発展に寄与してまいります。

 

 

■DIT主力製品 保安機能付き「マイコンガスメーター」4つの特徴的な機能

   

①無線検針機能
中国のメーターは日本と違い屋内に取り付けられています。本機能により室内に入らず、屋外から効率的な検針をすることが可能です。

②長時間未使用遮断
30日間以上ガスが使われていない場合、自動的にガスの供給を遮断します。

③ガス漏れ警報器 未接続記録機能
中国ではガス漏れ警報器の取り付けは義務化(一部の地区)されていますが、警報器自体の品質が悪く誤警報が多いため、ユーザーがガス警報器のプラグを抜いてしまうケースが散見されます。万一ガス事故があった場合、ガス漏れ警報器が抜かれている履歴があれば、事故後の責任究明がしやすい、とのガス会社からの要望をもとに設けられた機能です。

 

④圧力遮断機能
ガス供給圧力が大幅に下がった場合、メーター内に搭載されている圧力センサーが作動しガス供給を遮断します。

 

 

■DIT会社概要

1.  会社名 丹東岩谷東洋燃気表有限公司
2.  事業概要 家庭用・業務用アルミダイキャスト型ガスメーター製造
3.  本社所在地 中華人民共和国遼寧省丹東市
4.  設立日 1995年12月
5.  販売台数 300千台/年
6.  出資者

丹東東発集団(比率50%)、東洋ガスメーター(35%)、岩谷産業(15%)

7.  資本金 25,140千元(約314百万円)

 

 

 

このページのトップへ