岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2014年12月15日(月曜日)

北九州市エコタウンセンターで
「スマート水素ステーション」の開所式
~「簡便で、小さく、持続可能な」パッケージ型水素ステーション~

 

岩谷産業株式会社(本社:大阪・東京、社長:野村雅男、資本金:200億円)は、まもなく一般販売が予定されている燃料電池自動車(FCV〈Fuel Cell Vehicleの略〉)や今後普及が期待される燃料電池バスに水素を供給するためのインフラ整備に取り組んでおりますが、このたび、北九州市、本田技研工業株式会社と共同で、独自に開発した高圧水電解システムを採用したパッケージ型「スマート水素ステーション」を北九州市エコタウンセンター(福岡県北九州市若松区)内に設置し、本日関係者をお招きし開所式を行いました。
式典には、北橋 健治 北九州市長、山本 芳春 本田技研工業株式会社 取締役専務執行役員、牧瀬 雅美 岩谷産業株式会社 専務取締役らが出席しました。

 

今回設置したスマート水素ステーションは、株式会社本田技術研究所が独自開発した高圧水電解スタックを用いて共同開発した高圧水電解システムを搭載し、当社およびグループ会社にて蓄圧器、ディスペンサーなどのレイアウト設計・組み上げを行いました。パッケージ型の水素ステーションにすることで、設置工事期間は約1日と短く、また設置面積も大きく削減できました。

 

北九州市エコタウンセンターにおいては、センター内に設置してある太陽光パネルによる電力の供給を受け、水素を製造いたします。将来的には太陽光発電、風力発電などの再生可能エネルギーの整備を推進し、CO2フリーとなる水素製造も視野に入れております。

 

この「簡便で(Simple)、小さく(Small)、持続可能な(Sustainable)」という特長を兼ね備えたスマート水素ステーションの来年度からの活用を目指し、北九州市、本田技研工業株式会社とともに実証実験を重ねてまいります。

 

当社は北九州市をはじめとする各地の自治体、そして本田技研工業株式会社とともに、水素エネルギー社会に向けてこの「簡便で、小さく、持続可能な」特長を持つ「スマート水素ステーション」によって、燃料電池自動車普及の黎明期におけるさまざまな地域での普及に貢献したいと考えております。

 

 

 

 

 

このページのトップへ