岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2003年03月26日(水曜日)

「高圧ガスおよびエネルギーに関わる資格取得キャンペーン」で323名が合格
ガス&エネルギーの専門企業として技術力を強化
岩谷産業株式会社

 岩谷産業株式会社は、平成13年4月より2年間にわたり、「高圧ガスおよびエネルギーに関する資格取得キャンペーン」を実施してきましたが、社内講師を積極的に活用し、講習会を開催するなどの取組みが功を奏し、キャンペーンの成果として、2年間で延べ323名という大量の合格者を出しました。多くのエキスパート誕生により、ガス&エネルギー事業にますます厚みが増して参りました。

 取得資格の主なものはガス主任技術者甲種30名、乙種23名、高圧ガス製造保安責任者甲種機械・化学29名、乙種機械・化学44名などです。最近の傾向は、事故やヒヤリ・ハットの体験を積み重ね、事故に対する感性、対応力を身につけたベテラン保安係員が減り、経験の少ない若い保安係員に世代交代しつつあるのが現状です。一方で危機管理の重要性が叫ばれる今、資格取得者の層を厚くすることにより自主保安体制を更に強固にすることは急務の課題です。特に顧客より保安の高度化・専門化が求められており、これに十分対応し、ガス&エネルギーの専門企業としての技術力を高めるためにも、「保安に関する資格」を中心に取得キャンペーンを実施して参りました。

 また、エネルギー間の競合激化により、特に都市ガス(LNG)、電力に対抗する意味で、ガス主任技術者、電気主任技術者の養成が急がれています。業界に先駆けてLNG販売事業に着手し、関西電力、中部電力、北陸電力3社各々と合弁会社を設立した当社としては、今回、ガス事業法関係に通じた技術者が大量に誕生したことで(甲・乙あわせて53名)、事業の推進にあたり地方都市ガス会社にひけをとらない体制を構築できたものと評価しています。(なお甲、乙種ガス主任技術者の今回の全体合格率は14%でしたが、当社はこれを2倍以上上回る29%の合格率を出しています)

 2年間のキャンペーンを終えて、「高圧ガス製造保安責任者」「ガス主任技術者」の乙種以上の有資格者は全社で延べ389名となりましたが、これはスタッフ部門も含めた全社員数の25%に匹敵する数字です。多くの社員が部門の垣根を越え、「『ガス&エネルギー』事業を通じて、自然のサイクルをお手本に、循環型社会の構築に貢献する」という当社の企業コンセプトのもと、その一翼を担うべく積極的に取り組んだ結果と考えています。

 なお、このキャンペーンは本年度で終了しますが、今後さらに導入が進むと思われるコージェネレーションや来るべき家庭用燃料電池の時代をにらみ、平成14年度から3ヵ年計画で推進している「電気主任技術者」の資格取得については、今後2年間継続し、ガス&エネルギーの専門企業としての体力増強に結びつけていく考えです。

このページのトップへ