岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2014年11月14日(金曜日)

燃料電池自動車向け水素の販売価格を決定
~ ハイブリッド車並みの燃料価格を実現 ~

 

岩谷産業株式会社(本社:大阪・東京、社長:野村雅男、資本金:200億円)は、2014年度内に一般販売が予定されている燃料電池自動車(FCV)への水素需要に対応すべく、商用水素ステーションの整備に取り組んでおりますが、このたび、水素ステーションで販売する水素の販売価格を決定いたしました。

 

今年6月に経済産業省 資源エネルギー庁より発表された「水素・燃料電池戦略ロードマップ」におきまして、水素ステーションで販売される水素の価格については、2015年は「ガソリン車の燃料代と同等以下」、また、2020年には「ハイブリッド車の燃料代と同等以下」の実現を目指すという目標が設定されております。

 

当社が建設・運営する水素ステーションにおいても、この目標に向かって、同レベルの価格実現を目指して準備を進めてまいりました結果、このたび、下記の価格で水素を販売することといたしました。

 

 

イワタニ水素ステーションにおける水素の価格 : 1,100円/kg

 

 

  *上記価格は、都心部の水素ステーションにおける価格とします。
  *上記価格には、消費税などの税金は含まれておりません。
  *上記価格は、「液化水素」を原料として供給する水素ステーションにおける価格です。
  *上記価格は、経済諸条件で変動いたします。

 

この価格は、上記ロードマップに掲げられている「2020年にはハイブリッド車の燃料代と同等以下を実現する」という目標を、5年前倒しして販売当初より実現したものです。FCVの本格普及に向けて水素供給インフラの整備を進める当社は、そのような市場からの強いご期待にお応えすべく今回の価格設定に至りました。

 

FCCJ(燃料電池実用化推進協議会)などの中でもハイブリッド車(HV)の燃料代と同等となるための水素価格はどの程度であろうかと議論に出てまいりましたが、100円/N㎥前後ではないかとの数字が出ておりますので、当社では同車格のHVの燃料代と同等となる水素価格を100円/N㎥に設定いたしました。これを重量表示し、1,100円/kgとしております。
なお、HVの燃料代と同等ということは、FCVを1km走らせるために必要な水素価格と、同車格のHVを1km走らせるために必要なガソリン価格を同等にするということです。

 

水素エネルギー社会の到来を見据え、2011年1月に自動車メーカー3社と当社を含むエネルギー企業10社の合計13社が「2015年のFCV市場発売と水素ステーション100ヶ所の先行整備」に関して共同声明を発表いたしました。
当社は2015年度までに東京、名古屋、大阪、福岡の4大都市圏を中心に20ヶ所の商用水素ステーション設置を自社で整備することを表明し、現在、兵庫県尼崎市と福岡県北九州市に商用の水素ステーションを開所いたしました。東京都港区芝公園をはじめ残り18ヶ所につきましても、建設に向けての取り組みを着実に進めております。

 

当社は、工業用圧縮水素・液化水素について、製造から輸送・貯蔵・供給・保安まで一貫した全国ネットワークを築いており、長年培ってきたこれまでの国家プロジェクトや地域実証などによる水素ステーションの建設・運営に関する知見やハンドリング技術を生かし、リーディングカンパニーとして、今後普及が進む燃料電池自動車への水素供給インフラの基盤確立に一層力を注いでまいります。

 

 

 

このページのトップへ