岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2013年07月19日(金曜日)

遊休地を活用し、大型太陽光発電システムを設置
~イワタニグループ初、沖縄県今帰仁村に286.7kW~

 

岩谷産業株式会社(本社/大阪・東京、社長/野村雅男、資本金/200億円)のグループ会社で、沖縄県内にてLPガスおよびガス機器などの販売を手掛けるマルヰ産業株式会社(本社/沖縄、社長/田村正一、資本金/91百万円)は、遊休地の有効活用として、沖縄県今帰仁村に大型の太陽光発電システムによる発電所「北部発電所」の建設を進めて参りましたが、このたび完成し、6月より稼働を開始いたしました。

 

北部発電所は、同社が運営していたガソリンスタンド(北山SS)と、LPガスの供給拠点(北部LPGデポセンター)の解体により、遊休地となる土地を活用して建設を行ったもので、4,264m2の敷地にシャープ㈱製の太陽光パネルを1,204枚設置しており、発電能力は286.7kW、年間で約318,000kWhの発電量を見込んでおります。

 

同社は、沖縄県内で50年にわたりLPガスの供給を行っており、これまで販売を手掛けてきたLPガスと、家庭用の太陽光発電システムを併用することが、家庭におけるエネルギーのベストマッチの1つであるとの考えのもと、太陽光発電の販売に力を入れ、これまでに累計94基、588kWの販売実績をあげてきました。
 

また、エネルギー生活総合サービス事業者として、安全かつ安定的にエネルギーを供給するとともに、地球温暖化防止のため、CO2排出量の削減に取り組むことが会社の使命であると考えており、北部発電所のほか、同社の中部支店(沖縄市)と糸満事業所(糸満市)の事務所屋根にも太陽光パネルを設置いたしました。
 

今後は、LPガスおよびガス機器などの販売に加え、自社での発電により、地球環境に貢献してまいります。

 

 

<マルヰ産業株式会社の概要>
 

マルヰ産業株式会社は、当社が51.97%出資する連結子会社で、沖縄県内に本社を含め6ヶ所の営業拠点と、LPガス工場を3ヶ所保有し、LPガスおよびガス機器の販売のほか、建設業などを行っています。
 

当社は沖縄県内にLPガスの営業拠点を持っておらず、沖縄県内のLPガス卸事業および小売事業は、すべてマルヰ産業㈱に委託していることから、当社の沖縄における営業拠点としての役割を担っている会社です。

 

 

<北部発電所>

 

 

 

 

 

このページのトップへ