岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2012年02月13日(月曜日)

兵庫県尼崎市に「新総合技術センター(仮称)」を建設
顧客ニーズに対応した共同実験やデモンストレーション機能を充実
― 技術拠点として、2013年3月完成予定 ―

 

岩谷産業株式会社(本社:東京・大阪、社長:牧野明次、資本金:200億円)は兵庫県尼崎市に「新総合技術センター(仮称/7階建)」を建設し、現在滋賀県守山市にある滋賀技術センター(STC)の研究・開発機能を移管いたします。新センターは取引先メーカーなどの要請に応じた共同実験や委託実験、技術支援やコンサルティング等を行える機能を拡充させるとともに、立地の良さを生かし、分析・試験解析機能を活用した高品質のサービスの提供も拡充させてまいります。

2012年4月に着工し、完成は2013年3月の予定、総建設費は約30億円です。

尚、現在水素ステーションを併設することを検討しております。

 

新総合技術センターは、これまで培って来た産業ガスを中心とする各種ガス関連の研究開発機能に加え、新たに下記機能の充実をはかり、様々な顧客ニーズに対応してまいります。

 

1.お客さまとの共同研究・開発に応える、多機能・多目的な実験環境を提供

(1) エアセパレーションガスから液化水素や超高圧水素、特殊材料ガスまで幅広くガスを取り扱うことの

    できる、高圧ガス保安法や各種法規制に適合した実験環境を整備し、お客様の施設では実施が困難

    な研究や実験環境を提供いたします。当社各部門のお客様のニーズに対応した共同開発や研究を

    進め、ソリューションを導き出す拠点とします。

(2) 恒温・恒湿環境やクリーンルーム環境やレンタルラボ機能に加え、多機能・多目的な実験環境を

    提供し、お客様との共同研究や開発に活用してまいります。

 

2.当社研究成果や新技術などのデモンストレーション機能を充実

お客さまに対して当社の研究開発の成果を積極的にPRするプレゼンテーションルームを充実させるとともに、当社が開発したオリジナル技術を実際に目で見て、直接肌で感じていただけるよう実験環境を整えたデモンストレーションルームを設けます。

 

3.優れた分析・試験解析機能の提供

(1) 滋賀技術センターにおいて既に認定取得したISO170251(国際試験所)や環境計量証明事業所

    などの公的ライセンスを移管し、最新の分析装置の導入を進めます。

(2) ISO17025に裏打ちされた高精度なガスの分析技術や環境有害物質の分析技術の提供により、

    お客さまが抱える問題の解決や研究のサポート機能を発揮します。また、研究・開発で得られたデー

    タを速やかに分析・解析することで、タイムリーかつ迅速な開発の実現を図ります。

(3) ガス分析はもとより、JISに対応した製品安全分析、食品・衛生分析など、総合的な分析・試験解析

     機能による高品質のサービスを提供いたします。

 

4.お客さまへのトレーニング、コンサルティング機能を発揮

最新鋭の溶接ロボットシステムの導入による、お客さまの要求に沿った高度な溶接技術のサポート・トレーニング、高圧ガスの安全な取り扱いに関する研修、さらには排ガス処理やガス漏洩検知システムのデザインなどに対するコンサルティング機能を担う場としても活用いただきます。

 

5.当社のエネルギーコンセプトを提案

新総合技術センター研究棟では、LPガス、太陽電池、水素エネルギーをはじめとするエネルギーのベストマッチングを自ら実践いたします。

LPガスを使ったGHPや非常用発電機のほか、太陽光パネルや液化水素貯槽のBOG2や実験後に排出する水素を回収して行う燃料電池発電、壁面緑化、LED照明などを導入し、新しいエネルギー社会の実証の場とするとともに、当社のエネルギーコンセプトの提案や、それに基づくエコハウスの提案をいたします。

 

ISO 17025:JISなどの公定法に基づき、正確な試験・分析ができることを第三者認定機関が審査し認めた事業所・機関に与えられる認定制度。当社は高純度ガス中の微量不純物成分の分析技術に関して、ISO 17025の認定を取得。ガス分析に対するISO 17025の取得は日本初です。

 ※BOG:boil off gas(ボイルオフガス)の略。液化水素などの低温の液化ガスを輸送、貯蔵する場合に

外部からの自然入熱などにより気化するガスのこと。

 

■ 完成予想図

 

【総合技術センター概要】

所在地  兵庫県尼崎市次屋3-3-13

敷地面積 7,420m2   

延床面積 約12,000m2

主要建物 レセプション棟・大型実験棟・研究棟(7階建て)から成る本館、および総合管理棟

アクセス JR尼崎駅または阪急園田駅よりタクシーで約5分

       新大阪駅よりタクシーで約20分

       伊丹空港よりタクシーで約25分

 

 

主な実験設備及び提供できる実験環境・機能

○高圧ガス製造実験、特殊高圧ガス消費実験のほか、種々のガスの応用実験に対応できる設備機器

○液化水素や液化ヘリウムを用いた超低温、超高圧実験設備

○物質の安全性・危険性評価などの基礎研究・実験設備

○エレクトロニクス、バイオ向け等のクリーンルーム

○恒温・恒湿の特殊環境設備

○最新鋭の分析装置によるガス分析、材料分析、食品・衛生分析、環境分析などの分析機能

○エコハウスモデルルーム

○理化学実験などのレンタルラボ機能

○サイエンス教室や高圧ガスの取り扱いなどに関する研修機能

○多機能プレゼンテーションルーム、会議室

 

 

 

このページのトップへ