岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2012年01月31日(火曜日)

30%植物由来原料を使用した環境配慮型樹脂を開発
~「バイオマスPET」を新発売~

 

岩谷産業株式会社(本社/大阪・東京、社長/牧野明次、資本金/200億円)は、2010年より開発を進めてきた植物由来の原料を使用したPET樹脂(バイオマスPET)の市場投入を本格的に開始いたします。

 

「バイオマスPET」は、PET樹脂の粗原料である石化由来のモノエチレングリコール(MEG)をサトウキビの搾りかす(廃糖蜜)を原料とした植物由来のMEG(バイオMEG)に置き換えたもので、これにより化石資源の利用低減および焼却処分時のCO2排出量削減が可能となります。当社では、「バイオマスPET」の展開において、バイオMEGをインドから調達し、世界最大のPET樹脂メーカーであるインドラマ・ベンチャーズ(タイ)において、PET樹脂の製造、そしてアイテムによって最終製品の加工まで一貫して行うこととなります。

 

まずは大日本印刷株式会社と共同で開発を行っているフィルム分野において、包装材用途での量産を開始いたします。「バイオマスPET」は、フィルム、ボトル、シート、繊維などの幅広い用途を対象に販売を行い、2015年度には40億円の売上を見込んでいます。

 

同製品は、お客様のご要望に基づき、植物由来分の含有率を30%に固定することができ、従来の石油由来PETとブレンドすることでコストを抑えることも可能になります。また石油由来PETと同等の物性値(引張強度、耐衝撃性、耐熱性、透明性など)を有しており、従来設備での印刷および成型加工が可能です。今後は耐熱、耐寒衝撃グレードなどのラインナップも検討して参ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ