岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2010年05月07日(金曜日)

カタール国 ヘリウム輸入権益の取得について

岩谷産業株式会社

 

岩谷産業株式会社(本社:大阪・東京、社長:牧野明次、資本金:200億円)は、カタール国におけるヘリウム開発プロジェクト「カタールヘリウム2プロジェクト」への入札に参加し、日本企業として初めてヘリウムを直接輸入する権益を取得いたしました。同プロジェクトは、世界最大の能力を有する同国LNG生産工程の随伴ガスから液化ヘリウム生産を行うものであり、当社は2013年初頭の生産開始時より輸入を開始する予定です。当社の権益は年間約800万m3で、当プロジェクトのヘリウム生産規模の20%に上ります。契約期間は2032年までとなります。尚、本権益取得は同国のLNG権益を保有するエルエヌジージャパン株式会社の多大なる協力により実現しました。

 

ヘリウムは限られた地域で産出する希少資源です。従来は主に米国にて産出・供給されてきましたが、枯渇化が懸念されていました。
今回の輸入権益取得により、調達先の多角化が図れることとなり、国内ヘリウム事業の安定供給力が向上します。また、本件を足掛かりとし、需要拡大が見込まれるアジア地域へのヘリウム拡販を推進いたします。

 

 

 

<同プロジェクト概要>

名称

:カタールヘリウム2プロジェクト

運営者

 

:ラスガス社

(カタールの国営企業であるカタール石油が70%を出資するLNG生産会社)

場所

:カタール国ラスラファン工業地区(下記の位置図を参照)

内容

:天然ガス田より採掘される天然ガスを精製し、液化ヘリウムを分離・生産

生産規模

:年間約4,000万m3(1,300MMCF)

当社権益

:年間約800万m3(260MMCF)※年間生産規模の20%

契約期間

:2013年初頭~2032年

 

 

<位置図>

カタール国ラスラファン工業地区

このページのトップへ