岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2010年03月15日(月曜日)

事業会社の営業車約1,000台を、LPガス軽自動車へ順次転換
~クリーンエネルギー LPガス車への取り組みを加速~

岩谷産業株式会社

 

岩谷産業株式会社(本社/大阪・東京、社長/牧野明次、資本金/200億円)は、従来より取り組んできた環境に優しいLPガス車導入のスピードアップを図るため、事業会社(販売会社、全20社)の営業車を順次“LPガス軽自動車”に切り替えます。既に昨年秋よりイワタニ関東(株)で16台の切り替えを実施するなど、その取り組みを進めています。

 

 

全国の事業会社が所有する営業車約1,000台を切り替え対象に

当社では、従来から自社で使用する営業車両(セダン、バンタイプ)のLPガス車への転換を進めてまいりました。現在、所有営業車両の52.6%がLPガス車(2009.9末)で、2011年度までの中期の環境目標60.2%に向けて導入を進めています。

このたび、イワタニグループの中でLPガス車導入が遅れていた、全国20の事業会社が所有する営業車のうち、転換が可能な約1,000台を対象に、四つ星“低排出ガス車”の三菱自動車工業(株)新型LPガス軽自動車「ミニキャブバン」との入れ替えを進めます。事業会社でのLPガス車普及率は11.8%(2009.6末)。今後、三菱「ミニキャブバン」への転換を年間130台、2年間で260台進め、LPガス車普及率を25%まで高めることを目指します。

※四つ星“低排出ガス車”:平成17年度排出ガス基準に対して、75%以上有害物質を低減させた車 

 

【三菱新型LPG軽自動車「ミニキャブバン」の特長】

(1)電子制御による燃料噴射方式

エンジンへの燃料供給量をコンピューター制御し、従来比での燃費改善と馬力を含めた性能をアップさせ、ガソリン車同様の運転性能を実現しています。

(2)燃料コストの削減が可能(ガソリン車比60%、当社データ比較による)

※車両購入費用には、国から225,000円/台の補助金が適用される見込みです。

 

□イワタニは自らの役割としてLPガス車への取り組みを加速

LPガス車はガソリン車に比べてCO2排出量が少なく(マイナス12%)、また、ディーゼル車と比べても大気汚染物質の原因とされるPM(粒子状物質)では1/10以下、喘息の原因ともいわれるNOx(窒素酸化物)も大幅に低減されるなど人にも環境にも優しい車。今、既に確立されている技術で、環境保全に寄与できる現実的なエコカーです。当社では、従来から自社で使用する営業車(セダン、バンタイプ)とホームエネルギー会社が所有するボンベ配送トラックのLPガス車への転換を進めてきました。

 

このページのトップへ