岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2009年11月16日(月曜日)

「マイクロ波を用いた新規プロセスにより“ニッケル微粒子”合成に成功」
大学発のシーズを産学連携体制により速やかな事業化へ ユーザー向けサンプル供給を開始

大阪大学大学院工学研究科

新日鐵化学株式会社

岩谷産業株式会社

 

大阪大学大学院工学研究科(新日鐵化学・マイクロ波化学共同研究講座)、新日鐵化学株式会社、岩谷産業株式会社の3者は共同で、同大学の技術シーズである「マイクロ波を用いた、ニッケル微粒子製造プロセス」を駆使したナノメートルサイズ(1ナノメートルは1メートルの10億分の1)のニッケル微粒子の量産・事業化を検討してまいりました。このたび、中量生産体制の確立に成功したことから、製造を新日鐵化学株式会社、販売を岩谷産業株式会社が担当し、各見込みユーザーへのサンプル提供を開始します。

 

マイクロ波は、身近なところでは電子レンジなどにも使用されており、このマイクロ波による加熱は、通常の外部からの加熱とは異なり、被加熱物の分子を内部から均一・急速加熱するという特徴があります。

このたびの取組みは、大阪大学で開発された、「マイクロ波の新たな制御技術によるナノレベルでのニッケル微粒子の製造を行うプロセス」が技術的な根幹(シーズ)となっており、同技術を用いることにより、粒子サイズが100ナノメートル以下でシャープな粒度分布を持つニッケル微粒子を製造することが可能です。

 

当グループでは実験室レベルの生産量からのスケールアップを進めてまいりましたが、このたび中量生産体制の確立に成功したことから、本格的なサンプル供給を開始します。用途としては電子部品の電極等を検討しております。

 

供給するサンプルとしては、20ナノメートルと60ナノメートルの2種類を用意しています。今後、サンプルの評価結果を踏まえて、更なる生産能力増強と本格的な事業化を進めてまいります。

 

 

マイクロ波法による精密粒径制御された微粒子 Ni微粒子「i-nanoS」 の詳細はこちら

 

このページのトップへ