岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | English
ホーム 会社情報 ニュースリリース 商品とサービス 環境・社会活動 IR情報 リクルート お問い合わせ  
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2009年10月08日(木曜日)

“水素が、動力源!”
純水素型小型燃料電池を搭載の水素自転車 完成
~10月13日より、関西国際空港で実証試験を開始~

岩谷産業株式会社

 

岩谷産業株式会社(本社:東京・大阪、社長:牧野明次、資本金:200億円)は、燃料電池の新しい利用分野の開拓を目標に様々な取り組みを行っていますが、この度、純水素型燃料電池を搭載したアシスト自転車「水素自転車」を開発しました。

当社は、経済産業省が実施する「水素・燃料電池実証プロジェクト(JHFC)」の一環として、平成18年~平成20年度まで3年間、燃料電池アシスト自転車の実証試験を行いました。今年度は、この実証研究の成果をベースに、一般の方による実証機モニター評価を行うために独自の改良を行い、「誰でも、安全に、簡単に、快適に乗ることができる水素自転車」をコンセプトに開発を進め、この度完成したものです。今後は関西国際空港における試験的運用を10月13日から行なうと共に、様々なイベント等で試乗を通じて、水素エネルギーを身近に感じていただくべく活用していきます。

 

 

 

■「水素カートリッジの利用により、バッテリーの充電が不要」

水素自転車は純水素型60W(ワット)級燃料電池を搭載しており、水素ガスの供給のために当社が独自に開発した「水素カートリッジ」を搭載しています。バッテリーの残量が少なくなると自動的に水素カートリッジから燃料電池に水素を供給して発電を行い、バッテリーに充電します。これにより充電器によるバッテリーの充電が不要になります。

バッテリーの電力でモーターを駆動し、自転車の走行をアシストする仕組みです。充電しながらのアシスト走行が可能で、バッテリーのみでの走行と比較して、約1.5倍の走行距離を可能にしました。
本車両はバッテリー電力残量を常時モニターしますので、一度運転スイッチをONにすればバッテリー電力が少なくなると自動的に発電・充電が行われます。

 

■「水素吸蔵合金方式のカートリッジを独自開発、安全で実用的、取扱いが簡単・便利に」

水素自転車の開発に伴い、「水素カートリッジ」を使用した水素供給システムも併せて開発しました。この水素カートリッジは当社が開発したオリジナル品です。内部に水素吸蔵合金を装填しており、多量の水素を低圧で貯蔵することができます。水素吸蔵/放出時の熱交換がスムーズに行えるよう、熱交換特性を向上させた構造とし、同等の従来品より多い水素放出流量を維持することができます。また、カートリッジの接続にはワンタッチ式カプラを用い、取り付け/取り外しが容易です。

 

■「関西国際空港での実証試験」

今後は、水素カートリッジの専用充填設備のある関西国際空港水素ステーションを中心とするエリアで、空港内の移動等に利用しながら、実証試験を進めるとともに、全国各地での展示会やイベントでも紹介し、水素エネルギーの普及啓発に努めて参ります。

 

■ 水素自転車の主な特徴

①燃料電池の発電により、バッテリーへの充電作業が不要

②航続距離の増大を実現

③水素カートリッジから燃料電池に水素を自動供給

④カートリッジの接続にはワンタッチ式カプラを用い、取り付け/取り外しが容易

⑤バッテリーが少なくなると燃料電池が自動的に発電を開始

 

「水素自転車の概要」

仕様

車両

全長

1,563㎜

総重量

31.0㎏

性能

走行距離

約45.0㎞

連続発電可能時間

3時間

電力系

燃料電池スタック

種類

PEFC(固体高分子型)

出力

60W級

バッテリー

種類

リチウムイオン

容量

26V-4Ah

燃料

水素カートリッジ

燃料種類

純水素ガス

貯蔵方式 

水素吸蔵合金 

カートリッジ容量

80NL

             

 

このページのトップへ