岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2009年05月26日(火曜日)

マツダ『プレマシー ハイドロジェン RE ハイブリッド』
当社に新型水素自動車の第1号車が納車~水素エネルギー普及に活用

岩谷産業株式会社

 

岩谷産業株式会社(本社:東京・大阪、社長:牧野明次、資本金:200億円)は、マツダ株式会社(以下、マツダ)よりリース購入している水素エンジン車RX-8が更新時期を迎え、マツダ『プレマシー ハイドロジェン RE ハイブリッド』を新たにリース購入、本日5月26日に第1号車が納車される運びとなりました。

『プレマシー ハイドロジェン RE ハイブリッド』は、従来のマツダ「RX-8 ハイドロジェン RE」で開発した水素とガソリンの両方を燃料に使えるデュアルフューエルシステムに加え、新たにハイブリッドシステムを採用することにより大幅に走行性能を向上させるとともに、水素での航続距離では従来型比2倍の200kmを実現しています。

今回納車される車両は、水素ロータリーエンジン車のリース購入としては、2006年3月に納入された「RX-8 ハイドロジェン RE」に続いて2台目となります。『プレマシー ハイドロジェン RE ハイブリッド』につきましては、当社中国支社にて業務等に活用した後、JHFC関西空港ステーションを中心として、関西国際空港で実使用する予定で、様々な評価を行なうとともに、水素インフラ整備に向けた情報発信や正しい知識の普及活動、次代を担う子どもたちへの啓発活動などに有効利用してまいります。

 

 

 

 

(1)実施日:

平成21年5月26日(火)

(2)時 間:

13時30分~15時30分

(3)会 場:

 

マツダ(株)R&Dセンター横浜

横浜市神奈川区守屋町2-5    TEL:045-461-1211

(4)内 容:

 

 

 

 

 

①プレゼンテーション

岩谷産業(プレゼンテーター:水素エネルギー部長 建元章)

マツダ(プレゼンテーター:プログラム開発推進本部 主査 柏木章宏様)

②質疑応答

③納車セレモニー

④試乗会 

 

 

【マツダ『プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド』主要諸元】

・ベース車両 

マツダ プレマシー

・全長

4565mm

・全幅

1745mm

・全高

1620mm

・ベースエンジン

マツダ 水素ロータリーエンジン(デュアルフューエルシステム)

・モーター

交流同期電動機

・最高出力

110kW

・ジェネレーター

交流同期電動機

・バッテリー

リチウムイオン(Li-ion)

・乗車定員

5名

・使用燃料

水素及びガソリン

・燃料タンク

水素:35MPa(気圧)高圧水素ガスタンク

 

 

 

<ご参考>マツダの水素自動車開発の歩み

1991年

水素ロータリーエンジン第1号車 「HR-X」を開発

1992年

燃料電池搭載ゴルフカートの実験走行

1993年

 

水素ロータリーエンジン「HR-X2」を開発

水素ロータリーエンジン搭載のロードスター実験車を開発

1995年

水素ロータリーエンジン搭載のカペラカーゴで、日本初の公道試験走行を実施

1997年

燃料電池車 「デミオFC-EV」を開発

2001年

燃料電池車 「プレマシー FC-EV」を開発、日本初の公道試験走行を実施

2003年

RX-8水素ロータリーエンジン開発車を発表

2004年

「RX-8ハイドロジェンRE」が大臣認定を取得し、公道走行を開始

2006年

「RX-8ハイドロジェンRE」の国内リース販売開始(以後現在まで計8台を納車)

2007年

ノルウェーの国家プロジェクト『HyNor』と「RX-8ハイドロジェンRE」の納入に合意

2008年

ノルウェーにて「RX-8ハイドロジェンRE」モニター車の公道走行を開始

2009年

「プレマシーハイドロジェンREハイブリッド」リース販売開始

 

このページのトップへ