岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2009年04月27日(月曜日)

【丹後瓦斯株式会社への出資について】
~関西電力と協力し、京都府北部でのガス事業に参画~

岩谷産業株式会社

 

岩谷産業株式会社(本社:東京・大阪、社長:牧野明次、資本金:200億円)は、このほど丹後瓦斯株式会社(本社:京都、社長:道林譲、資本金:45百万円)が2009年7月に実施を計画している第三者割当増資を引受け、京都府北部地域でのガス事業に本格的に参画するべく検討を進めることとなりました。

 

丹後瓦斯株式会社は、京都府舞鶴市に本拠を置き、1935年9月に設立された都市ガス会社で、舞鶴市内約3000戸へ都市ガス供給を行っているほか、宮津市など近隣へのLPガス供給も行っています。同社は現在、関西電力㈱(本社:大阪、社長:森詳介、資本金4893億円)が筆頭株主(35.0%)となっており、2009年6月に天然ガス(※1)への熱量変更を行うべく計画を進めています。

今回、丹後瓦斯は熱量変更に掛かる費用を調達すると共に、今後のガス事業経営基盤の安定化を図るべく、数億円規模の増資に踏切る計画で、その引受け先として同地域でLPガス事業を行っている当社が選定され、具体的な交渉を進めている状況です。

なお今回の増資が実施された場合、当社の同社への出資比率は50%を大幅に超える見込みであり、増資後には役員派遣も検討しています。

 

当社は、これまで関西電力㈱と共同し、LNGローリー卸売り事業(エルエナジー㈱)、大口ガス事業(甲賀エナジー㈱)、液化水素製造(ハイドロエッジ㈱)など複数のガス事業を展開する一方、京都府北部では子会社のイワタニ近畿㈱(本社:大阪、社長:三浦伸吾、資本金:208百万円)を通じてLPガス小売事業を行っており、今回の増資引受が実現すれば同地域でのガス供給シェアが大幅にアップするほか、当社としては初の都市ガス事業への本格参入となります。一方、今回の増資規模に関わらず関西電力㈱は引き続き、同社の株式保有を継続し、都市ガス原料となるLNGを供給すると共に同社への役員派遣や技術支援等も継続される予定です。

 

国内市場が低迷する中、エネルギー業界は、今後ますます競争が激化し、その供給エネルギー、方法も複雑化すると想定されます。このような状況の中で、小規模都市ガス事業者やLPガス小売り事業者は、経営基盤の安定化と生き残りをかけて、資本増強や提携を余儀なくされるケースは今後益々増加すると想定されます。

当社としては、現在、総合エネルギー事業展開を標榜しつつ、小売り事業の強化を図っており、一方で今後もお客様の利便性、経済性向上や環境対応などを勘案し、今回のようなガス事業への参入も個別に検討を進めて行きたいと考えております。

 

 

※1:天然ガス(13A都市ガス)

現在、丹後瓦斯㈱はLPGを原料とした低カロリーガス(5A)にて都市ガス供給を行っている。

今回、原料をLNG化することで主要大手都市ガスと同様に高カロリーで環境特性、安全性に優れる天然ガスへの展開を図る予定。

なお熱量変更に伴い現在需要家が使用中のガス器具は調整や交換が必要となり、丹後瓦斯㈱では約1ヶ月間かけて転換を進める計画。

 

このページのトップへ