岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2009年04月16日(木曜日)

“騒音も排気ガスも出さない”クリーンな電力を供給
純水素型10kW級燃料電池を搭載した移動式電源車 完成
―環境イベント「アースデイ東京2009」(4/18-19)のステージへ電源供給―

岩谷産業株式会社

 

岩谷産業株式会社(本社:東京・大阪、社長:牧野明次、資本金:200億円)は、燃料電池の新しい利用分野の開拓を目標にさまざまな取組を行っていますが、この度燃料電池の高い環境特性に電源車の機動力を加えた「純水素型燃料電池を搭載する移動式電源車」を開発、専用の水素トレーラーとともにこの度完成しました。本機は独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業「新利用形態燃料電池標準化等技術開発」の助成を受けて開発したもので、今後は試験的運用を通して実用化へ向けた改善を加え、2011年度には商品化を目指します。

  

[クリーンな電源車として、新用途拡大]

純水素型燃料電池は、排気ガスのないクリーンな発電が可能であり、騒音・振動や二酸化炭素の排出もほとんど無いため、環境特性に優れた分散型電源の切り札とされています。これらの特徴をもつ純水素型燃料電池を搭載した電源車は、特に①屋内やトンネルのような閉ざされた場所での作業、②イベントや住宅街での夜間工事、③災害時の非常用電源、など広い用途で高い利便性と従来技術に対するアドバンテージを発揮するものと考えます。

 

[安全で実用的、取り扱いも簡単・便利な水素供給システムを開発]

国内初となる燃料電池電源車の開発に伴い、35MPa充填容器を搭載した水素トレーラーを使用した水素供給システムも併せて新規に開発し、16時間以上の長時間定格連続運転を実現いたしました。一般的な配管継手を介して別途水素容器を接続可能で、かつ供給源の切替は自動的に行われますので大型の水素容器や貯蔵設備とともに使用すれば極めて長時間にわたる連続運転時間を確保できます。

 

[アースデイ東京でデビュー]

4月18日(土)~19日(日)に代々木公園で開催される国内最大級の環境イベント「アースデイ東京2009」において、ピースマイルステージに音響システム用電源を供給いたします。例年12万人余りが集まる本イベントで、参加者の皆様に水素エネルギーを身近に感じて頂きたいと考えています。
その後は関西国際空港を中心とするエリアで広く用途開発を進めるとともに、ニーズに即したシステム仕様・信頼性・コストを見極めながら実用化・商品化を進めて参ります。

 

 

【移動式電源車の概要】

◎発電設備:10kW級純水素型燃料電池

 (仕様)  

・燃料

:純水素

・出力

 

 

:AC 100、AC200V、DC360V(同時使用可)

 出力端出力8.5kW以上

 発電効率45%LHV(低位発熱量)以上 

・起動時間

:起動指令後電力供給まで1分以内

・騒音値

:55dB以下 

・水素容量

:100Nm3以上(水素トレーラー)

 

◎電源供給の目安

・家庭用エアコン(6畳用) 18台*1程度    *1 シャープAY-Y22SV-Wの場合

・40インチワイド液晶テレビ70台*2程度    *2 シャープLC-40AE6の場合

・専用水素トレーラー積載の水素100Nm3で携帯電話約3,000台分をフル充電が可能

 

   

このページのトップへ