岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2008年07月24日(木曜日)

液化ガス納入に関する不適切な計量処理方法に関するご報告

岩谷産業株式会社

 

この度、液化ガスの納入に関する計量処理方法について、社内調査を実施致しましたところ、一部不適切な処理が行われていたことが判明致しましたので、次の通りご報告申し上げます。

 

対象となる製品は、液化ガスローリーにて配送、納入されております液化ガス(液化酸素・液化窒素・液化アルゴン・液化炭酸ガス)で、対象となるお客様は、外部の計量所を利用する約150軒(実数は継続調査中)であります。

この度発見された不適切な処理方法とは、例えば液化ガスプラントにおける計量のみで、出荷の際のメーカー側計量数字をベースに納入前重量を決め、納入後の計量時にその際に計った数字を打ち込んだ計量証明書の発行を公認計量所から受けていたというものであります。

 

液化ガスの納入に関しましては、弊社物流部門である「岩谷物流株式会社」において、メーカー基地からの引き取りからお客様への納入まで、物流業務全般を包括的に担当しております。この度判明した不適切な処理は、納入時間の短縮や、時間外計量の回避を目的としたものであり、数量の水増しや過大請求などの不正行為はございません。

お客様をはじめ、関係各位にご心配とご迷惑をおかけ致しましたこと、深くお詫び申し上げます。

 

この事実の判明を受け、早急に正規の手続き処理への移行を図るべく、不適切な処理の一掃についてグループ内に通達を行いました。

今後は、適切な処理の完全実施はもとより、再発防止に向け、車載重量計の採用、メーカー側計量器による取引への移行などの対策を講じますとともに、ご迷惑をおかけ致しましたお客様へお詫びとご説明を実施させていただくなど、誠意をもって対応させていただきます。

 

このページのトップへ