岩谷産業株式会社
サイトマップ | 利用規約 | 個人情報保護について | Iwatani Corporation english site
トップページ>お知らせ
お知らせ
お知らせ
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
2000年03月01日(水曜日)

ISO14001取得を支援する、空調・冷凍機使用電力削減装置が好評(2000,3,1)
環境問題に対する社会的な関心の高まりの中で、環境管理の国際システム規格ISO14001の認証を取得する企業が増え、その数は年内には4000件を超えると見られています。

こうした中で、当社がISO14001取得活動の支援機器として発売している「空調・冷凍機使用電力削減装置」が好評です。空調機の室外機や冷凍・冷蔵庫のコンプレッサーにユニットを取り付けるだけで、本体の稼働状態を見張りながら空調機や冷凍・冷蔵庫本体を任意のサイクルで順次制御し、動力使用量を削減するシステムです(空調機の場合は一定間隔で送風状態にし、冷凍・冷蔵庫の場合はコンプレッサーを制御する仕組み)。制御範囲は10〜30%です。導入例を見ると、CVSで年間10数%、オフィスビルで最大30%強の省エネ効果(金額ベース)が出ています。

また、消費電力量を30〜40%削減できる電子インバーター式の省エネ蛍光灯安定器「カウントダウン6」も同時に発売しています。安定器自体の消費電力も一般の安定器より低いため室内の冷房効果が高まる、周波数が高くなるため蛍光灯のチラツキが大幅に減少するといった特長もあります。「空調・冷凍機使用電力削減装置」と併せて導入するとさらに大幅な省エネ効果が発揮できます。

当社では、ユーザー企業に対する省エネ診断に基づき、これらを導入した場合の予想節減金額を"省エネトータルシステム診断結果報告書"としてユーザーに提案、大きな先行投資なしで固定経費を確実に削減できるシステムとして高い評価を得ています。

このページのトップへ